4月のニンテンドーダイレクト海外版で発表されていた、ナムコの往年の名作11タイトルを収録する『NAMCO MUSEUM (ナムコミュージアム)』ですが、日本でも発売されることが発表されました。発売は2017年夏予定。価格は2778円+税(税込3000円)。ダウンロード専売ソフトです。

Switch 版ナムコミュージアム、国内でも2017年夏配信

海外ニンテンドーダイレクトで発表された Nintendo Switch 版『ナムコミュージアム』が、国内向けにも2017年夏配信と発表されました。

収録タイトル

  • ギャラガ
  • ギャラガ’88
  • スカイキッド
  • スプラッターハウス
  • タンクフォース
  • ディグダグ
  • ドルアーガの塔
  • パックマン
  • パックマン vs.
  • ローリングサンダー
  • ローリングサンダー2

『パックマンvs.』は、任天堂とナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)のコラボレーションで生まれた、最大4人で遊ぶニンテンドーゲームキューブ用マルチプレイ専用ソフト。1人がパックマン役を、その他のプレイヤーがゴーストを担当し、鬼ごっこのように遊ぶ新しいパックマンでした。

パックマンを捕まえると担当が交代。パックマンを捕まえたゴースト役の人が次のパックマンとなり、これを繰り返しながら設定した目標点数を最初にあげた人が勝利となります。

GC当時は非売品。ニンテンドーDSで発売された『ナムコミュージアムDS』には、アレンジされた形で収録されました。

中断・再開機能搭載、縦持ちに対応

任天堂アメリカ公式サイトに掲載されている商品情報によると、本作はゲームの中断・再開機能が搭載。通常レイアウトだけでなく、縦型レイアウトの表示にも対応しています。またオンラインランキングや、チャレンジモードも用意されます。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly