『ペルソナ5』が世界150万本を突破するヒットを記録し、日本のみならず海外でも着実にファン層が拡大していることを確認したアトラス。海外ファンへ向けて、より多くのタイトルの海外リリースを計画しているようです。

アトラスの北米現地法人 Atlus U.S.A. は7日、今年後半から2018年にかけて発売予定の『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』を含むニンテンドー3DS向け3タイトルの北米版を発表しました。

公式サイトにて商品情報が確認された3タイトルは、意図しないタイミングで発見されたためかページが一旦削除(おそらく E3 での発表が計画されていたのかもしれません)。ただアトラスUSAはこれらタイトルのローカライズを認め、北米版を発売すると改めて正式発表。トレーラーを公開しました。

アトラス、3DS向け3タイトルを北米展開

北米でアトラスが今後発売を予定していることが確認されたのは、ニンテンドー3DS用の3タイトル。

1つ目のタイトルは3DダンジョンRPGシリーズの『世界樹の迷宮』から『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』。北米タイトル『Etrian Odyssey V: Beyond the Myth』として2017年秋に発売予定。

世界樹の迷宮V 長き神話の果て - 3DS
世界樹の迷宮V 長き神話の果て – 3DS
メーカー: アトラス
発売日: 2016-08-04

2つ目は『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』。日本でも2017年秋に発売が予定されている、2009年に発売されたニンテンドーDS用ソフト『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』のリメイクタイトルですが、これが『Shin Megami Tensei: Strange Journey Redux』として2018年初頭に予定。

3つ目は『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー (Radiant Historia: Perfect Chronology)』で、こちらも2018年初頭に発売が予定されています。

ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー 【先着購入特典】DLC「キャラデフォルメパック」 同梱
ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー
メーカー: アトラス
発売日: 2017-06-29

アトラスを傘下に持つセガサミーグループは、Road to 2020 と題した2020年までの中期目標を策定。家庭用ゲームを含むエンタテインメントコンテンツ事業では、各 IP の展開チャネルの拡大や、展開地域の拡大などを目指すとしています。

アトラスタイトルはこれまでも、すべてではありませんが、多くのタイトルがローカライズされ海外でも発売されています。『ペルソナ5』のヒットでシリーズへの注目度やアトラスへの期待が確認できたことで、これからはより多くのアトラスタイトルが、国内発売からそれほど間を置かないタイミングでリリースされ、海外ファンの元へ届けられることになるかもしれません。

今回発表されていない『世界樹と不思議のダンジョン2』にもローカライズを期待する声が出ているようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で