任天堂が、Nintendo Switch で予定している有料オンラインサービス。その正式名称やサービス内容、料金プラン等が明らかになりました。

Nintendo Switch Online とは

「Nintendo Switch Online (ニンテンドースイッチ オンライン)」は、Nintendo Switch でのオンラインプレイや専用スマートフォン向けアプリなどを利用できる有料のサービスです。

正式サービス開始時期は「2018年」。以前は「2017年秋」とアナウンスされていましたが変更されました。

※ニンテンドー3DSとWii Uのオンラインプレイは、これまで通り無料で利用できます。

Nintendo Switch Online サービス内容

Nintendo Switch Online に加入することで受けられる特典サービスは、現時点では4種類。「ニンテンドーeショップ」や「フレンドの登録・管理」「キャプチャしたゲーム画面のシェア」『Nintendo みまもり Switch』はオンラインサービスに加入しなくても利用することができます。

Nintendo Switch でオンラインプレイ (サービス開始まで無料)

まずはオンラインプレイ。任天堂からも『マリオカート8 デラックス』や『ARMS』『スプラトゥーン2』といったオンライン対応のソフトが複数発売されますが、それらゲームでインターネットを通じた対戦や協力など、インターネットを通じたオンラインプレイを楽しむことができます。

一部のソフトでは、未加入の場合でもオンラインプレイに対応。

スマートフォンアプリで待ち合わせ、ボイスチャット

フレンドとオンラインプレイの待ち合わせをしたり、ボイスチャットを楽しめるスマートフォンアプリ『オンラインロビー&ボイスチャット』が提供。『スプラトゥーン2』などが対応しています。

2018年より正式配信予定ですが、一部機能を利用できる先行配信版も夏にリリース予定。

Nintendo Switchソフト『クラシックゲームセレクション(仮称)』

懐かしのファミコンやスーパーファミコンソフトを「オンライン対応」で楽しめるのが『クラシックゲームセレクション(仮称)』。『スーパーマリオブラザーズ3』『バルーンファイト』『ドクターマリオ』などが1本のソフトとして配信されます。その他収録タイトルは後日発表予定。

発表段階では1本ずつ配信され、月単位で入れ替わるようなアナウンスでしたが、少し形を変えて登場するようです。

なお、任天堂は Nintendo Switch でもバーチャルコンソールを展開予定(開始時期は未定)ですが、Nintendo Switch Online で提供される『クラシックゲームセレクション(仮称)』は、VC とは別物。『クラシックゲームセレクション(仮称)』は、クラシックゲームに新たな機能(オンライン要素)を追加したソフトとなっています。

ソフト優待価格

ニンテンドーeショップにて配信される Nintendo Switch ソフトなどを、サービス利用者限定の特別価格で購入することができます。

料金プラン:年間契約でお得に利用

料金プランも発表。プランは月額300円から年額2400円までの3種類が用意されています。12ヵ月プランを契約すると月200円相当となり、年間で1200円お得に。

またサービス内容が違うので単純比較はできませんが、他社の料金と比べて半額程度の良心的な価格に抑えられています。

  • 1ヵ月(30日) – 300円
  • 3ヵ月(90日) – 800円(1ヵ月プラン3回購入より100円お得)
  • 12ヵ月(365日) – 2400円(1ヵ月プラン12回購入より1200円お得)

なお、オンラインサービスはニンテンドーアカウントベースでの課金となります。家族で1台の Nintendo Switch を利用していて、複数のニンテンドーアカウントを連携している場合や、複数の Nintendo Switch にニンテンドーアカウントを連携して使用している場合の扱いについては、追って発表予定。

任天堂によると、「Nintendo Switch Online」の利用権はニンテンドーeショップで販売。他のデジタルコンテンツを同じように、クレジットカードやeショップ残高を使って購入できるとのこと。「Nintendo Switch Online」利用権のダウンロードカードも販売する予定だそうです。

まとめ:オンラインサービスの有料化は2018年、良心的な価格設定

というわけで、Nintendo Switch 向け有料オンラインサービスの正式名称や料金プランなど詳細が明らかになったという記事でした。

有料化する正式サービスの開始時期が「2017年秋」から「2018年」へと変更になったのは、任天堂の予想を上回るペースで本体が普及し、当初想定していたオンライン人口を遥かに上回っていることや、『ARMS』に『スプラトゥーン2』、日本だとこれに加えて『MHXX』と立て続けにオンラインプレイを特色とするゲームが登場して、トラフィックが増加しているところで有料化に踏み切ることで生じかねない混乱を避けるためなど、さまざまな理由がありそうです。

特に今回は任天堂としては初めての、大規模なサブスクリプションサービスで。できるだけ万全な状態でローンチしたいでしょうね。

オンラインサービスの開始段階では実装されないようですが、任天堂は将来的にセーブデータのクラウド保存を計画しています。セーブデータを外部ストレージへ移動することができない Nintendo Switch ソフトのセーブデータのバックアップのために、このオンラインサービスなのか、マイニンテンドーを含めたニンテンドーアカウントのサービスとして提供されるのかはわかりませんが、できるだけ早期の実装をお願いしたいところです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly