任天堂プラットフォーム向けに、Wii U では『The Wonderful 101』や『ベヨネッタ2 (+ベヨネッタ)』、『スターフォックス 零 (ゼロ)』『スターフォックス ガード』といったタイトルを開発したプラチナゲームズ。Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) にも参入を表明し、初期に公開されたパートナー企業に名を連ねている一社ですが、実際にプロジェクトが動いていることが明らかになりました。

プラチナゲームズの Nintendo Switch 向けプロジェクトは、A 5th of BitSummit の会期中に行われたファミ通のインタビューに応じた同社のクリエイター稲葉敦志氏(The Wonderful 101やベヨネッタ2ではプロデューサーを担当)が明かしたもの。

「(Switch 向けに)なにか動いているのですか?」という質問に対して稲葉氏は「作っていますよ。面白くなると思います」と回答。少なくとも1本は Switch 向けのラインが動いていることを明言しました。

稲葉氏は Nintendo Switch の印象を「自由に持ち運べるというシームレス感はすばらしい」とコメント。物理的に持ち運びが可能である点だけでなく、それによって気持ちの面でもストレスが減る「気持ちのシームレス感」と表現。またライトな遊びも、AAAタイトルも腰を据えて遊べる、インディーシーンとの相性や、これから先のゲームシーンとの相性もいいのではと語っています。

――最後に、いままでの流れとはまったく関係ないのですが、Nintendo Switchについて聞かせてください。インディーデベロッパーもNintendo Switchには積極的に見えるのですが、稲葉さんはNintendo Switchについてどう判断していますか?

稲葉 Nintendo Switchは、いろいろなすばらしい機能を持ったハードですが、やっぱり自由に持ち運べるというシームレス感はすばらしいと思います。ずっと家で夢中で『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を遊んでいて、きりが悪いから外でも遊ぶという、気持ちのシームレス感ってすごいです。部屋に釘付けではないので、どこでも気軽に遊べるし、一方で、じっくり遊べもするという、すごくいいプラットフォームになっていますね。ハードに、ちょっとしたアイデアのライトな遊びも受け入れてくれる空気感があるじゃないですか。「ちょっと遊ぼうぜ」みたいな。わいわいできそうな、ひとネタでも持ち寄って遊べる。でも、重たいAAAタイトルも腰を据えて遊べる。インディーシーンとの相性もいいですし、これから先のゲームシーンとの相性もいいんじゃないかなと。

――プラチナゲームズとの相性はどうですか?

稲葉 いいと思いますよ。すでに参入表明はしていますし。Nintendo Switchの発表会のときに、密かにプラチナゲームズのロゴは出ていますので。

――なにか動いているのですか?

稲葉 作っていますよ。おもしろくなると思います。

via: ファミ通.com

プラチナといえば『ベヨネッタ3』が期待されていますが、他社の動向や戦略を見る限り、いきなり新作というよりはまず「これまでにリリースしたタイトルを Nintendo Switch 上で動かしたらどのくらい楽しさが増幅されるか」を見るのが堅実かもしれません。ただ開発会社としてのプラチナの性格を考えると、旧作のリマスター/リメイクよりも新作の方が可能性は高そうですけれど。

いずれにしても、アクションゲーム好きとしては注目しておきたいトピックです。プラチナゲームズはどんなゲームを届けてくれるでしょうか。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly