スクウェア・エニックスは30日、完全新作のネオ・トラディショナルRPG『LOST SPHEAR/ロストスフィア』を国内で2017年秋に、海外で2018年初頭に発売すると発表しました。対応プラットフォームは PlayStation 4 と Nintendo Switch。

本作は、Tokyo RPG Factory とスクエニが手がける、『いけにえと雪のセツナ』に続く Project SETSUNA 第2弾。

『LOST SPHEAR/ロストスフィア』は、純国産 RPG が花形ジャンルとして非常に盛り上がった1990年代の作品から継承する伝統的なスタイルをベースに、現代のプレイ感を融合。伝統と進化を体現する “ネオ・トラディショナルRPG” として、2017年秋の発売を目指し、PS4/Switch 向けに開発が進められています。

デビュートレーラーも公開。『いけにえと雪のセツナ』と同様に、どこか懐かしい、あの時代を意識している事を感じさせるビジュアルとなっています。

今回は対応プラットフォームから PlayStation Vita が外れ、PS4 と Nintendo Switch という2機種で発売。Nintendo Switch 向けには3月、プロジェクトの前作『いけにえと雪のセツナ』が国内ローンチタイトルとして発売されています。

ロストスフィア 概要

対応機種:PlayStation 4、Nintendo Switch
ジャンル:ネオ・トラディショナルRPG
発売時期:2017年秋(予定)
価格::未定(パッケージ版 / ダウンロード版)
プレイ人数:1人
開発:Tokyo RPG Factory

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly