『アンリミR』再び。今度は PS4 と Switch で。

バンダイナムコエンターテインメントは15日、PlayStation 4 / Nintendo Switch 用ソフト『ONE PIECE アンリミテッドワールド R (レッド) デラックスエディション』を、2017年8月24日に発売すると発表しました。価格は4800円(税抜)。DL版は早期購入価格として9月20日まで4320円(税抜)で販売されます。

『アンリミR』が “DX” になって PS4 / Nintendo Switch に登場

『ONE PIECE アンリミテッドワールド R (レッド) デラックスエディション』のベースとなっている『ONE PIECE アンリミテッドワールド R (レッド) 』は、ガンバリオンが開発し、バンダイナムコが2013年11月に発売したニンテンドー3DS用アクションアドベンチャーゲーム。

2014年6月には、「バトルコロシアム」など追加要素を加えた PlayStation 3、PlayStation Vita、Wii U 版も発売されました(3DS版もアップデートで対応)。

今回の『デラックスエディション』は、そこからさらに、現行機種である PlayStation 4 と Nintendo Switch 向けに移植したタイトル。前バージョンで配信された、クエストやコスチュームと行ったさまざまな追加コンテンツがあらかじめ収録されているほか、解像度がフルHDの 1080p に向上。オフライン最大2人までのマルチプレイも楽しめます。

バンナムの Switch 向けタイトルはこれで4本に

バンダイナムコは決算説明会で、Nintendo Switch への積極対応を表明。発表済みである『ドラゴンボール ゼノバース2 (仮称)』『太鼓の達人』『テイルズ オブ』シリーズの少なくとも3タイトルを18年3月までに発売すると発表していました。今回新たに、再移植タイトルとはいえ『アンリミR』が加わり、これで年度内のバンナムタイトルは4本に増加となりました。

ONE PIECE アンリミテッドワールド R デラックスエディション
ONE PIECE アンリミテッドワールド R (レッド) デラックスエディション
メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
発売日: 2017-08-24

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly