カプコンは28日、2018年3月期(17年4月〜18年3月)は家庭用ゲーム機向けに大型タイトル2作を投入予定だと発表しました。具体的なタイトル発表はまだ先になるものの、今期のコンシューマ戦略の「主力ブランドによる安定的な貢献」とした中で “大型タイトルとして、2作を投入予定” であると発表。

ミリオン以上を狙う大型タイトルを投入予定

すでに発表されている、今期ミリオンを狙うタイトルは、海外で2017年9月、国内では2017年後半に発売予定の『マーベル VS. カプコン:インフィニット』(200万本)と、2017年1月に発売した『バイオハザード7 レジデント イービル』(リピートで200万本)の2作。これに加えて、新作として大型タイトルの投入が予定されています。発売時期や対応機種、販売計画は現時点では不明。

17年3月期に『バイオハザード』と『モンスターハンター』を出していますし、対戦アクションとしては『マーベル VS. カプコン:インフィニット』がありますから、同ジャンルを重ねてくるとは考えにくい。となると、既存の人気 IP で次に控えるのは『デビル メイ クライ』シリーズ辺りになってきますが。はたして、どの IP が登場してくるでしょうか。

現行機向け移植や Switch を含めたマルチ展開

移植タイトルの拡充と、マルチプラットフォーム展開を推進していくことも強調。マルチ展開には Nintendo Switch を含めていくということです。また『ストリートファイターV』でeスポーツ市場を狙うなど、拡大が期待される新しい市場への投資も進めていきます。

デジタル販売も強化

18年3月期はパッケージで1050万本、本編DLCで1250万本の合計2300万本を販売する計画。国内は『モンスターハンターダブルクロス』の反動減で75万本減少しますが、海外市場は北米で40万本、欧州で45万本の増加を見込んでいます。デジタル販売は、新作のDL版に加えて、コンテンツ資産のデジタル化を進めるなどし、前期と比較して350万本増加する計画です。追加コンテンツも含めたデジタルの売上比率は33.6%を見込んでいます。

コンシューマが増収増益を牽引

カプコンは18年3月期、売上高930億円(+6.6%)、営業利益145億円(+6.2%)と増収増益を見込んでいます。成長の牽引役となるのは、家庭用ゲームを含むデジタルコンテンツ事業。18年3月期は売上高650億円(+10.7%)、営業利益137億円(+24.5%)の増収増益を見込んでいるうち、コンシューマ(家庭用ゲーム)で売上高365億円(+8.3%)、DLC売上高185億円(+19.3%)、合計550億円(+11.7%)を計画しています。

モバイルも31.5%増の売上高50億円を目指します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で