アメリカのコンピューターゲーム産業業界団体 Entertainment Software Association (ESA) から、2016年を総括するレポート「Essential Facts」が公開され、昨年の米ビデオゲーム市場の総規模が304億ドル(約3兆3100億円)だったことが明らかになりました。

2016年の米ビデオゲーム市場は304億ドル規模

2016年の米ビデオゲーム市場は304億ドル規模となりました。内訳はコンテンツが245億ドル、ハードウェアが37億ドル、VR製品を含む周辺機器が22億ドル。コンテンツに対する消費支出は、スマートフォン・タブレット等の普及による影響でここ数年伸び続けており、2016年は2015年と比較して5.6%増。2010年との比較では40%成長しました。

コンテンツ販売、デジタルチャンネル経由が74%を占める

サブスクリプションやゲーム本編のDL版、追加コンテンツ、モバイルアプリ、ソーシャルネットワークゲーム(ブラウザゲーム)を含むデジタルフォーマットの売上シェアは、前年から5ポイント増の74%。フィジカル(パッケージ版)市場は26%でした。

米国ゲーマーの平均年齢は35歳

2016年、米国ゲーマーの平均年齢は「35歳」でした。女性の平均年齢は37歳となっており、男性の33歳と比較してより高くなっています。

2016年の人気ゲーム

昨年米国で一番人気(売上本数)だった家庭用ゲームソフトは『Call of Duty: Infinite Warfare』でした。2位は『Battlefield 1』で、マルチプレイも人気なシュータージャンルが1位2位を占めています。3位は『GTA V』、4位は『Madden NFL 17』でした。任天堂ソフトは『ポケットモンスター サン・ムーン』が11位、12位にそれぞれランクイン。

ジャンル別に見ると、シューターは27.5%を占める花形ジャンル。2位はアクションで22.5%でした。この2つでほぼ5割。3位はRPG(12.9%)、4位はスポーツ(11.7%)が続いています。

アメリカ経済への影響

デベロッパーはアメリカ国内50州すべてにあり、その数は2322。パブリッシャーは44州に526存在しています。米国内にあるデベロッパー/パブリッシャーに直接雇用されている従業員数は6万5678人。平均年収は9万7000ドルでした。

アメリカのGDPに対するゲーム関連産業の貢献は117億ドル以上に達しているそうです(2016年のアメリカの名目GDPは約18兆6000億ドル)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で