海外各地で Wii を上回る数字が相次ぎ報告されるなど、ローンチはひとまず成功したといえる任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」。

ハードの安定供給体制と、勢いを切らさない有力ソフトの定期的な投入が勢いを持続する上でカギとなってきますが、すでに増産もはじまっている中、任天堂は2018年3月期の本体生産計画を、少なくとも当初の2倍に引き上げ、1600万台に上方修正したと報じられています。

WSJ によると、任天堂は Nintendo Switch の好調な販売を受けて、2018年3月期(2017年4月-2018年3月)の生産計画を、少なくとも2倍に引き上げることを決定しました(800万台 → 1600万台)。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のような、従来はテレビにつないだ据置型ゲーム機でしか遊べなかったタイトルを外でも遊べる、持ち運びが可能なハイブリッドコンソールである Nintendo Switch。発売前から注目度が非常に高く、世界各地で任天堂の歴史を塗り替えるローンチを記録しています。米国の調査会社からは、ほぼ最初の週末で世界150万台を販売したとの報告もあがっています。

ローンチ需要の落ち着きはまだ見られず、3週目に入っても本体や周辺機器の品薄は継続。記事によれば、本体生産に詳しい関係筋は、3月末までの本体出荷が、当初計画の200万台を超過し250万台以上に達する可能性もあるとの見方を示しています。

任天堂の担当者は、この報道に関するコメントを拒否していますが、「Switch 本体の来期生産計画引き上げ」報道を受けて株価は反応。東京株式市場の17日終値は、前日比425円高(+1.69%)の2万5580円まで上昇しています。

Nintendo Switch の2017年3月末までの販売実績や、2018年3月期の見通しは、4月27日に発表予定の2017年3月期決算発表で明らかになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で