LEGO City: Undercover

現行機種向けに、いくつかの改善や追加要素を収録して、新たに登場する『LEGO City: Undercover (レゴシティ アンダーカバー)』。2013年の Wii U 版では、ゲーム開始時などで発生する長い長いロード時間が不満点にもなっていましたが、この問題は再リリースに際して「劇的に改善」されているようです。

これは Game Informer 本誌インタビューで TT Games のプロデューサー Matt Ellison 氏が答えたもので、ロード時間改善は今回の最優先事項の1つだったとのこと。たしかに、ロード時間をあのまま移植するのはいただけません。これでかなり快適に遊べそうです。

気になる、Wii U 版の特徴だった Wii U GamePad 操作の部分は方向キーに割り当てられ、1画面で機能するようになっているということです。

2人マルチプレイに対応

今回は、Wii U 版では叶わなかった2人協力プレイに対応しています。Ellison 氏によれば、2人プレイを追加するには相当な作業量があったということですが「間違いなく取り組んだ価値はありました」。

任天堂の小ネタも引き続き収録

また、すでに任天堂アメリカが情報ページで収録を明かしていますが、Game Informer でも、Switch 版で任天堂のイースターエッグを見られることが改めて確認。新たに警察官 Grace Makepiece や侍、恐竜スーツといったアンロックキャラクターの追加、ビジュアルのアップデートも新バージョンに含まれるということです。

現行機向け『LEGO City: Undercover』は、国内では PlayStation 4 と Nintendo Switch に対応し、2017年6月29日発売予定。

レゴ (R) シティ アンダーカバー
レゴ (R) シティ アンダーカバー
メーカー: ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
発売日: 2017-06-29

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly