米エレクトロニック・アーツのCCO (Chief Competitive Officer, 最高競争力責任者) で、以前は傘下のEA Sports レーベルの代表を務めていたピーター・ムーア氏が、イングランド・プレミアリーグ「リヴァプールFC」のCEO (Chief Executive Officer) に就任すると発表されました。リヴァプール公式の発表によると、ムーア氏は6月よりリヴァプールへ移り、 CEO の職務に就きます。

ムーア氏は2007年より EA に在籍。EA Sports の再編を行うなど、『FIFA』等のスポーツタイトルのほか、EAのメガヒットタイトルを支えました。それ以前には、マイクロソフトやセガ、リーボックでの実績。さらには体育教師の経験も。

リヴァプール出身のムーア氏は以前からリヴァプール愛を公言しており、EA Sports 時代にはレッドウッド・ショアーズの本社会議室を赤く染め、リヴァプールのホームスタジアムである “アンフィールド” と名付けたというエピソードがあります。

ムーア氏の移籍発表を受けて、EA の アンドリュー・ウィルソン CEO はこの10年の貢献に対する感謝と旅立ちを祝福する声明を発表。リヴァプールCEOに就任することについて、「我々にとってこんなに嬉しいことはないし、個人的にも、ピーターを生涯の友人と呼べることを、これ以上ない名誉に感じている」とコメントしています。

ちなみにウィルソン氏はチェルシーサポーターだとか。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly