英テレグラフ紙に掲載された任天堂・高橋伸也氏&小泉歓晃氏へのインタビューによると、任天堂は2017年だけでなく、2018年にもニンテンドー3DS用ソフトの発売を計画。発売から7年になるハードのサポートを継続します。

任天堂は3DSについて、持ち運びができ、携帯型ゲーム機のようにも使うことができる据置型ゲーム機 Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) との棲み分けが可能であると判断。Switch 発売後も並行してビジネスを継続していく考えが、君島社長からも明らかになっています。

君島社長はまた、3DSの次の携帯型ゲーム機についても、「これまで通りに、引き続き検討していく」とコメント。任天堂のゲーム専用機を Switch に統一するのではなく、より安価なエントリーモデルとして携帯型ゲーム機のあり方を模索しています。

「現在の3DSは、価格の面から見てかなり安価なプラットフォームだと考えています。それに、これまでに非常に多くの多彩なソフトがリリースされてきました。そうした観点からすれば、子どもたちに適したハードだと言えますし、最初に手にするハードとしてもオススメできると思います。

3DSには、まだ多くのポテンシャルがあると僕らは捉えています。その上で、任天堂は3DS用ゲームのリリースを、2017年だけでなく2018年にも計画しています。

そして3DSで遊んでいる子どもたちが、いつか Nintendo Switch へと移行する流れを作れたらと思います」

任天堂は2017年4月以降、3DSソフトとして年末までに『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』や『Ever Oasis (仮称)』『ピクミン (仮称)』を発売予定。さらにまだ複数の未発表タイトルが開発中であると言われています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で