コナミデジタルエンタテインメントは7日、『ウイニングイレブン2017』(海外名:『PES 2017 -Pro Evolution Soccer-』)に収録されているブラジルのサッカークラブ「シャペコエンセ」へ義援金を寄付したと発表しました。

コナミではこの義援金に加えて、2017年2月9日に配信予定の『ウイイレ2017(PES 2017)』向けデータパック3.0で、「シャペコエンセ」の新エンブレムへの更新と、ボール「フォルサシャペ」(ForçaChape)を追加予定。

「フォルサシャペ」は「シャペコエンセ」の応援歌(チャント)でも使われている歌詞の一部で、「頑張ろう、シャペコエンセ」という意味です。

コナミは「2016年11月28日に、コロンビアで発生した飛行機墜落事故によりお亡くなりになられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、ご遺族や関係者の方々に心よりお悔やみ申し上げます」と哀悼の意を表明。

義援金を通じて「クラブチームの一日も早い再建を心より祈念いたします」としています。

「シャペコエンセ」はブラジル一部リーグに所属するクラブ。2016年、「コパ・スダメリカーナ2016」(欧州のUEFAヨーロッパリーグに相当)でクラブ史上初めて決勝進出を決める快進撃を見せ、ビッグタイトル獲得にあと一歩まで迫っていました。

しかしながら、決勝戦1stレグに向かう途中で搭乗していた飛行機の墜落事故に見舞われ、主力選手やスタッフら多数が犠牲となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で