本体を屋外へ持ち出して、据置型ゲーム機のクオリティのゲームを携帯型ゲーム機のように遊ぶことができる、任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」。2つ付属する専用コントローラー「Joy-Con」は片方で1つのコントローラーとしても機能するので、外出先でもマルチプレイを楽しむことができます。

Nintendo Switch のバッテリー持続時間は「約2.5 ~ 6.5時間」

外で遊ぶ上で不安なのは、バッテリーの持ち時間。任天堂によると、バッテリーの持続時間は遊ぶソフトによって異なり、おおよそ「約2.5 ~ 6.5時間」の間。 たとえば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を遊ぶ場合、バッテリー持続時間は約3時間と言われています。

スマホやタブレット向けのアプリでも、スマホの処理能力をフルに使うゲームはバッテリー消費の大きなアプリの代表格。GPSを利用して常に位置情報を取得更新し続けバッテリー消費が激しい『ポケモンGO』では、モバイルバッテリーの販売が伸びるなど、ポケモノミクスと呼ばれる思わぬ経済効果もありました。

バッテリー容量は iPhone 7 Plus 以上、iPad mini 4 未満

Nintendo Switch のバッテリー容量は「4310mAh」あり、iPhone 7 Plus の「2900mAh」以上、iPad mini 4 の「5124mAh」未満となっています。

極端に小さいわけではありませんが、Switch の用途はゲーム。しかも据置型ゲーム機として発売されるわけですから、発売されるゲームも従来の据置型ゲーム機向けや、テレビ画面に表示することを想定したクオリティのものがおそらく中心になってきます。そのため、スマホなどと比べてやや短めな、バッテリー持続時間「約2.5 ~ 6.5時間」となり、長時間の移動中などでバッテリー切れの不安なく遊ぶには何かしらの対策が必要になってきます。

まずは、省エネ設定にしてみる

Wii U やニンテンドー3DSでは、設定でいくらか省エネ設定にすることができました。たとえば Wii U の場合、省エネモードにすると、表示する映像に合わせて、画面の明るさだったり色合いを自動的に調整し、バッテリーの消費を抑えることができました。Switch にも明るさセンサーが搭載されているので、似たような機能を期待できるはず(予想)。

ただ、それでも限界はありますから、携帯モードで遊ぶ時はモバイルバッテリーの利用を検討してみるのも選択肢の1つ。

Nintendo Switch × モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは大容量化や小型化が進み、かつ値段も下がり、スマホ・タブレットを屋外で長時間使用する場合や、旅行時などに必須といえるアイテムになりました。最短だと公式に2.5時間しかもたないと言われている Nintendo Switch でも、欠かせないアイテムになるのではと思います。

モバイルバッテリーの充電容量は、出力時のロスなどにより表示容量の約6〜7割程度が実質容量と言われています。なので、Nintendo Switch のバッテリー「4310mAh」をフル充電するのに必要な容量はだいたい 6000 〜 8000mAh くらい。10000mAh 以上あれば余裕をもった充電ができそうです。

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー ホワイト
cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー
メーカー: cheero

モバイルバッテリーは、スマホ用のものを所持していれば、おそらくそのまま流用可能です。ただ、Nintendo Switch 本体の USB 端子は「USB Type-C」のため、別途USB-A to USB-C ケーブルが必要になってくる場合もあるかと思います。無ければ、こちらも用意しておきましょう。

【3本セット】ABOAT USB Type-Cケーブル USB-A to USB-C充電ケーブル 56Kレジスタ実用 新しいMacBook/Nexus5X / Nexus 6P/ChromeBook Pixel / Nokia N1 Tablet / NuAns NEO他対応USB TypeCケーブル(0.5m+1.0m+2.0m)
【3本セット】ABOAT USB Type-Cケーブル USB-A to USB-C充電ケーブル (0.5m+1.0m+2.0m)
メーカー: ABOAT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で