Splatoon 2

「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」にて、任天堂から『Splatoon 2』が正式発表。昨年から注目されていた Switch 向け『スプラトゥーン』は、ナンバリング新作であることが明らかになりました。

4対4の2チームに分かれ、制限時間内に塗った面積で勝敗を決めるという「ナワバリバトル」の基本ルールに変更は無いものの、新しいブキやギア、ステージ、一新されたスペシャルウェポン、髪型など新要素が盛りだくさんなゲーム内容となっているようではなイカ。

新要素満載のスプラトゥーン2が、この夏 Nintendo Switch に登場

任天堂を代表するフランチャイズの1つに成長した『スプラトゥーン』の新作が、Nintendo Switch 向けに早くも登場します。

二丁拳銃のような新ブキ「スプラマニューバー」

Splatoon 2

『Splatoon 2』では多数新要素があるなか、特徴的に紹介されたのは二丁拳銃のような新しいブキ「スプラマニューバー」。両手に構えた銃でインクを撃つだけでなく、クルッと回って素早く移動し、相手を翻弄することもできるブキのようです。かっこいいじゃないの。

高速移動はグリップの後ろについたノズルからインクを噴射して行うということで、使いすぎると肝心な時にインク切れのおそれ。ただ高速移動後は、一点集中で高速連射が可能。クセもあるけど使うと面白そう。

『スーパーマリオサンシャイン』のホバーノズルのような動きでホバリングをしているブキや、噴霧器のようなブキも。これもスペシャルウェポンと同じシーンで紹介。

既存ブキにも変更が。例えばローラーは縦にインクを飛ばすことができるようですし、チャージャーもチャージ状態を維持したままイカ状態での移動が(あまり長い距離ではなさそうですが)できるようです。

新しくなったスペシャルウェポンは複数の相手をロックオンして攻撃できる「マルチミサイル」、インク雲を発生させ上からインクの雨を御見舞するウェポンもあるようですね。怖い。

髪型やギアもバリエーション豊かに

イカしたスポットは、ハイカラシティから「ハイカラスクエア」へと変化。新しいショップが次々とオープンじている、イカ世界の若者たちにとって、今一番イカしたスポットであるようです。

『1』ではあらかじめ決まっていた髪型も『2』では多彩に。ボトムスもバリエーションが豊かになりました。ただアタマやフク、クツなどとは違い、ギアパワーのような性能はついていないということです。かわいければ無駄でもいいの。

Splatoon2 Nintendo Switch プレゼンテーション 2017 出展映像

新しいステージ「バッテラストリート」

新しいステージも1つ紹介。「バッテラストリート」というステージは繁華街から少し入った裏路地が舞台となっているそうです。ちょっとデカラインに似ている?

オクタリアンが健在、1人用モードの行方は

1人用モードがどうなるのかは不明ながら、『1』で「ヒーローモード」に登場したタコ軍団「オクタリアン」が『2』でも登場することが確認。またジャッジくんの小さいのやらイソギンチャク?ウニ?系の新キャラ、なぜかハト、そして背中が寂しげなホタルはいったいどうしてしまったのかなど、気になる点はまだま多く残ります。

『2』でも継続的なアップデート、イベントの開催が予定

Splatoon 2

そもそものゲームの魅力はもちろんのこと、『スプラトゥーン』は継続したアップデートやブキの解禁、ゲーム内イベント「フェス」の実施等で、長く盛り上がり続けました。『2』でも発売後のアップデートによって、ブキやステージの追加が予定されています。またゲーム内イベントも継続的に開催される予定だということです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly