MOTHER3

任天堂の子会社で元ブラウニーブラウンの 1-UP スタジオが、公式 Facebook ページにて開催が迫る「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」の招待状をアップ。任天堂の100%子会社としてイベントへの出席は自然なことと思われますが、海外ではそれ以上の意味として受け取ったファンも多いようです。

1-UP スタジオといえば現体制になる社名変更前、ブラブラ時代にゲームボーイアドバンス用RPG『MOTHER3』や『マジカルバケーション』や『ファンタジーライフ』などを開発。

イベントへの出席は、任天堂子会社として Switch 向け新作プロジェクトに携わっている以上の意味があるのでは、具体的には、噂になっている『MOTHER3』の Switch 用バーチャルコンソール配信が実現するのではないかと注目を集めています。

任天堂タイトルへの開発協力としては、ニンテンドー3DS用ソフト『スーパーマリオ 3Dランド』や Wii U 用ソフト『スーパーマリオ 3Dワールド』、その派生タイトル『進め!キノピオ隊長』といった、任天堂東京スタジオ製タイトルの開発に参加。直近では『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』の開発に参加しました。

東京スタジオが開発する最近の3Dマリオ関連タイトルに多く参加している1-UPスタジオですから、おそらく現在は Switch 向け3Dマリオ新作の開発に取り掛かっているのではと思われますが、海外ファンの期待する『MOTHER3』配信がはたして実現するのかどうか。

ちなみに国内では2015年12月より Wii U のバーチャルコンソールとして配信が開始。ニンテンドーeショップや Amazon.co.jp の「ニンテンドーダウンロードストア」といったデジタルストアで購入可能です。

MOTHER3 [オンラインコード]
MOTHER3 [オンラインコード] – Wii U
メーカー: 任天堂
発売日: 2015-12-17

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly