Zelda 3D Printed Hyrule Map

1986年にファミリーコンピュータ・ディスクシステム用ソフトとして発売された任天堂『ゼルダの伝説』。当時は世界のすべてがドットで描かれた2Dマップでしたが、才能と情熱あるファンの手によって、初代『ゼルダの伝説』のハイラルが見事に3D化されました。

初代ゼルダの伝説のハイラルが、Minecraft と3Dプリントによって立体化

この初代ゼルダの3Dフィールドマップは、『Minecraft』で6ヶ月をかけて制作され、3Dプリントに24時間をかけて立体化。さらに6時間をかけて着色されたという大掛かりな作品。当時平面だった世界は今や高さを持ち、切り立った山々や木々が生い茂る森林、墓地、小さなトンネルに至るまでリアルに臨場感のある形で表現されました。

Retro Gaming Magazine によると、この作品は Facebook グループ「Trade Sell Collect Retro & New Video Games & Toys」を介してメンバーに販売されたもの。

ゼルダ3Dマップの作者は生活が困窮していたために、残念ながら作品を手放さなくてはなりませんでした。そのため、これだけの素晴らしい作品でありながら、落札価格はわずか100ドル程度という、作品と不釣り合いに安価だったということです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly