Ubisoft が公開した30周年イベントの動画の中で、同社のキャラクター「ラビッツ」の姿になったマリオやルイージ、キノピオが登場しています。

以前、ラビッツとスーパーマリオのクロスオーバー作品(一説には『ファイアーエムブレム』のようなターン制SRPGになるとも)が Nintendo Switch のローンチ向けに開発されているとの噂が出ていましたが、その情報が確かであるとの裏付けとなるでしょうか。

Ubisoft の30周年記念パーティーに、ラビッツ化したマリオやルイージ、キノピオ

フランスの企業である Ubisoft は、同社の創立30周年を記念したパーティーをパリで開催。YouTube でイベントの様子をざっくりと収録した動画を公開しました。

映像の中では、Ubisoft のキャラクターだけでなく、ラビッツ化したマリオやルイージ、キノピオのフィギュアもなぜか登場。あえて公式動画に収録して気づかれるようにしていることから、クロスオーバータイトルが実際に開発中であることを暗示しているのではないかと見られています。

マジンガーZとのコラボも?

ubi30_mazingerz

Ubisoft と任天堂は古くからの関係なので、マリオキャラクターのラビッツは30周年を祝う祝電の意味も込められているのかもしれませんが、同じ棚で、一見 Ubisoft とは縁の薄そうな「マジンガーZ(胸部がVの字なのはグレートマジンガー?)」のようなラビッツも確認。ラビッツと他社キャラクターとのコラボ展開を示唆しているようにも見えます。

グレンダイザーではないか?との指摘もいただいています。なるほど、顎の感じはたしかに近いかも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で