Call of Duty: Infinite Warfare

GfKによる最新のUKチャート(2016年10月30日~11月5日週)が発表され、Activision の定番 FPS シリーズ最新作『Call of Duty: Infinite Warfare』が、『FIFA 17』に次ぐ今年2位の初週販売規模を見せ、総合チャートにおいて初登場1位を獲得したことが明らかになりました。

UK市場において、『FIFA』シリーズと並んでゲームソフトでトップクラスの人気を誇る『CoD』シリーズ。新作の『CoD: IW』も初動で年間2位と上々の滑り出しとなったように見えますが、GfK の報告によれば新作の初動は、前作『Call of Duty: Black Ops III』と比較してほぼ半減。48.4%もの減少となりました。

今作は PS3 や Xbox 360 版の対応がついに無くなり、現行機種である PS4 と Xbox One、そして PC で発売。売上ダウンは、旧世代のサポート打ち切りも影響したものの、PS4 と Xbox One 版の初週販売本数を前作と比較した場合でも43.6%減少。『CoD』シリーズとしてはスロースタートとなりました。

前週1位の『Battlefield 1』は2位に後退。2位の『The Elder Scrolls V: Skyrim – Special Edition』は4位へ、3位の『FIFA 17』はその順位をキープしています。『Titanfall 2』は5位でした。

6位にはサッカークラブ経営シミュレーションシリーズ最新作『Football Manager 2017』が初登場。テレビ広告投入による露出機会の増加と小売の大規模セールの相乗効果で売上を131%増と伸ばした『Skylanders Imaginators』は19位から7位までジャンプアップをはたしています。

任天堂関連タイトルは『マリオカート7』が34位に入ったのみでした。

UKチャート トップ20: 2016.10.30 ~ 11.5

  1. (–) CALL OF DUTY: INFINITE WARFARE – ACTIVISION
  2. (1) BATTLEFIELD 1 – ELECTRONIC ARTS (-45%)
  3. (3) FIFA 17 – ELECTRONIC ARTS (-11%)
  4. (2) THE ELDER SCROLLS V: SKYRIM SPECIAL ED. – BETHESDA SOFTWORKS (-53%)
  5. (4) TIANFALL 2 – ELECTRONIC ARTS (-41%)
  6. (–) FOOTBALL MANAGER 2017 – SEGA
  7. (19) SKYLANDERS IMAGINATORS – ACTIVISION
  8. (6) MAFIA III – TAKE 2
  9. (9) GRAND THEFT AUTO V – TAKE 2
  10. (10) FORZA HORIZON 3 – MICROSOFT
  11. (8) GEARS OF WAR 4 – MICROSOFT
  12. (18) STAR WARS BATTLEFRONT – ELECTRONIC ARTS
  13. (12) WWE 2K17 – TAKE 2
  14. (15) MINECRAFT: XBOX EDITION – MICROSOFT
  15. (14) RISE OF THE TOMB RAIDER: 20 YEAR EDITION – スクウェア・エニックス
  16. (17) ROCKET LEAGUE – 505 GAMES
  17. (5) FARMING SIMULATOR 17 – FOCUS HOME INTERACTIVE
  18. (16) OVERWATCH – BLIZZARD
  19. (20) FALLOUT 4 – BETHESDA SOFTWORKS
  20. (7) ドラゴンボール ゼノバース2 – バンダイナムコエンターテインメント

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly