GfKによる最新のUKチャート(2016年10月23日~10月29日週)が発表され、前回好調なデビューを飾った『Battlefield 1』が有力な新作ソフト群を抑え、今週も首位の座をキープしたことが明らかになりました。

『Battlefield 4』と『Battlefield Hardline』の初週合算を上回る初動を見せた『Battlefield 1』ですが、2週目の減少率は39%と比較的穏やか。有力な新作が複数登場するも寄せ付けない強さで、2週連続の総合チャート1位を達成しています。

新作トップは2位の『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』。1位は逃しましたが、シリーズの初週セールスとしてはオリジナルの『The Elder Scrolls V: Skyrim』に次ぐ販売規模を見せました。

3位の『FIFA 17』を挟んで、4位はトップ5にEA3タイトル目、『Titanfall 2』が初登場。モードの拡充や対応プラットフォームの追加が行われたシリーズ新作ですが、オリジナル版のように初週1位とはなりませんでした。

トップ5の新作3作目は『Farming Simulator 17』。シリーズ人気は徐々に高まっていて、直接の前作にあたる『Farming Simulator 15』と比較して、PS4版は約54%アップ、Xbox One版は32%アップしました(『Farming Simulator 16』はモバイル向け、家庭用ゲーム機ではPS Vitaにのみ対応)。

日本メーカーの新作もチャートイン。7位には『ドラゴンボールゼノバース2』、11位には『ワールド オブ ファイナルファンタジー』が登場してきました。

Nintendo Switch にも対応を予定している『Just Dance 2017』は26位でデビュー。任天堂プラットフォームから人気に火が付いた本シリーズは、他社のハードもモーションコントロールに対応しているものの Wii プレイヤーがなお根強く、本作も Wii 版が44%、さらに Wii U 版が16%のシェアを獲得しています。

新作はこの他、全エピソードとボーナスコンテンツを収録する『Mincecraft: Story Mode – The Complete Adventure』が31位に入っています。

UKチャート トップ20: 2016.10.23 ~ 10.29

  1. (1) BATTLEFIELD 1 – ELECTRONIC ARTS (-39%)
  2. (–) THE ELDER SCROLLS V: SKYRIM SPECIAL ED. – BETHESDA SOFTWORKS
  3. (2) FIFA 17 – ELECTRONIC ARTS (-6%)
  4. (–) TIANFALL 2 – ELECTRONIC ARTS
  5. (–) FARMING SIMULATOR 17 – FOCUS HOME INTERACTIVE
  6. (3) MAFIA III – TAKE 2
  7. (–) ドラゴンボール ゼノバース2 – バンダイナムコエンターテインメント
  8. (4) GEARS OF WAR 4 – MICROSOFT
  9. (9) GRAND THEFT AUTO V – TAKE 2 (+89%)
  10. (8) FORZA HORIZON 3 – MICROSOFT (+11%)
  11. (–) ワールド オブ ファイナルファンタジー – スクウェア・エニックス
  12. (6) WWE 2K17 – TAKE 2
  13. (5) BATMAN: RETURN TO ARKHAM – WARNER BROS. INTERACTIVE
  14. (7) RISE OF THE TOMB RAIDER: 20 YEAR EDITION – スクウェア・エニックス
  15. (10) MINECRAFT: XBOX EDITION – MICROSOFT
  16. (14) OVERWATCH – BLIZZARD
  17. (13) ROCKET LEAGUE – 505 GAMES
  18. (11) STAR WARS BATTLEFRONT – ELECTRONIC ARTS
  19. (12) SKYLANDERS IMAGINATORS – ACTIVISION
  20. (17) FALLOUT 4 – BETHESDA SOFTWORKS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で