任天堂アメリカは Facebook ページにて、2017年にWii U/NX(開発コードネーム名)で発売予定の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のごく短い30秒映像を公開しました。

公開されたのは、E3 2016出展映像やデモでも見ることができた、もはや廃墟と化した「時の神殿」の映像。屋根や壁が崩れていたり、動かなくなってから随分と時間が経過し、苔が生えているガーディアンがいたりする印象的な場所です。

この間、ハイラルに何が起きたのか、なぜリンクは長い年月眠らされることになったのかなど、背景が気になるところ。E3時点の説明だと、説明過多気味だった最近のタイトルとは異なり、この世界、大自然と接しているうちに徐々に分かるようになっている。という話でした。

タブレット端末のような「シーカースレート」に刻まれているマークが、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』に登場したシーカー族と同じものであったり、『風のタクト』に登場したコログ族が再び登場したりと、時系列の考察も盛り上がりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で