UKの業界メディアMCVが珍しく、任天堂に近しい筋から入手した情報だとして、このところ騒がしくなってきた任天堂の新型ゲーム機「NX」に関する噂をさらに広げています。最近はこの手の噂は取り上げないようにしていますが、MCVが報じたということで気になります。それなりに裏が取れている?

報じられた情報によると、任天堂は「NX」の発売から6ヶ月のローンチウィンドウの間に(3月発売なので9月まで)、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』だけでなく、『スーパーマリオ』新作やゲームフリーク開発の『ポケットモンスター』を発売する予定。

NX版『ゼルダの伝説 BotW』はWii U版と同時発売予定。『スーパーマリオ』新作は、宮本茂氏によれば来年のE3に出展可能性があります。

サードパーティではセガやスクウェア・エニックス、Ubisoft、Activision、Warer Bros. と既に契約を済ませているとのこと。セガとUbisoftは対応タイトルを発表済み(Project Sonic 2017, Just Dance 2017)。スクエニは『ドラゴンクエスト11』の対応を検討しています。

任天堂はローンチで躓いた3DSやWii Uと同じ轍を踏まないことを強く意識しているといい、また同じソースとして、 Eurogamer が報じた情報(NXは携帯型ゲーム機に近く、TV接続や着脱式コントローラを備える)は100%正しいとも伝えています。

ゲームのグラフィックはPS3とPS4の中間くらいになるといい、スマホでゲームを楽しんでいる層とPS4/Xbox Oneでゲームを楽しんでいるコアなゲーマーの中間をターゲットにしているとのこと。

「PS4のファンには訴求しないだろうが、任天堂はスマートフォンゲーマーを取り込もうとしているように見える。マーケティング部門にとっては大仕事になるだろう」

任天堂関係者の発言などから、NXは据置型のゲーム機として意識されていたようなところがありますが、このところ出てくる噂ではテレビに接続できる携帯型ではないかとの見方が強まっています。

はたしてどんなマシンになっているのか。どんな驚きがあるのか。

NX は年内に詳細発表が行われ、2017年3月に発売予定です。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly