『アサシンクリード』や『ファークライ』のパブリッシャー Ubisoft は、任天堂の新型コンソール「NX」について楽観的に見ています。CEOの Yves Guillemot氏は Q1 業績発表の中で NXについて触れ、少なくともパブリッシャーの観点から非常に素晴らしいマシンに見えると述べました。また Guillemot 氏は、 NX がカジュアルゲーマーを再び業界へ引き込むことを期待していると Alan Corre CFOが6月に語ったポイントを改めて強調しています。

「NX について言えば、我々が見てきたものは本当に素晴らしかった。新ハードは業界の成長とより多くのカジュアルプレイヤーの回帰を手助けすると考えています」

カジュアルゲーマーの取り込みに成功した Wii は累計1億台を超える普及を達成しましたが、その後継機種である Wii U の販売は1300万台弱と苦戦しました。NXは2017年3月に発売されます。業界をリードする技術を使用する据置と携帯のハイブリッドであるとの噂もあるようですが、まだ詳細はベールに包まれています。

Ubisoftは『Just Dance』の最新作をNXに対応させると発表していますが、他にも製作中のタイトルがあるかもしれません。任天堂の次回決算発表は7月27日に予定され、NXの続報も期待されています。

Guillemot 氏はまた、8月に発売が決定した Xbox One S についても、「よりグラフィックパワーがあり、市場を後押しするハードの発売を歓迎している」と述べています。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly