任天堂は20日、ニンテンドー3DS用ソフト『とびだせ どうぶつの森』の無料アップデートを行い、『amiibo』に対応すると発表しました。配信時期は2016年秋を予定。発売から4年になろうとする『とび森』に、アップデートで機能が追加されます。

とびだせ どうぶつの森 × amiibo

この更新を適用することで『どうぶつの森 amiiboカード』のどうぶつを村に呼ぶことができるようになるほか、『amiibo どうぶつの森シリーズ』にも対応しているということです。フィギュア型のどうぶつたちは通常住民にはならないキャラクターばかりですが、彼らはどういった形での対応になるでしょうか。

一部、ほかシリーズのキャラクターも対応

とびだせ どうぶつの森 × amiibo

また他シリーズのキャラクターとのコラボレーションもあり、一例として『amiibo アオリ/ホタル』が紹介。見た目から2人の姿になりきっている様子や2人っぽいどうぶつ(?)を見ることができます。

『どうぶつの森』の『amiibo』はカードタイプとフィギュアタイプの2バージョンが存在。カード型は2016年3月末までに約2890万枚を販売する人気ですが、その使いみちは現状スピンオフ2タイトルにほぼ限定されています。

昨年の京極氏インタビューでは『とび森』の『amiibo』対応は計画していないような話も出ていました。しかし当時、すでに水面下では動いていたのか、あるいはスピンオフや『amiibo』の売れ行きを見て再び開発チームが動き出したのか。いずれにしても本編への対応は望まれていましたし、休眠ユーザーも再びソフトを起動するきっかけとなりそうです。

秋といえば、スマホ版『どうぶつの森』もローンチが予定されています。君島社長は4月の決算説明会で

スマートデバイスでは、ゲーム専用機向けの『どうぶつの森』シリーズと、何らかの形で連携し、両方を遊んでいただくことで、より楽しみが増えるような、ゲーム専用機とは異なる新たな遊びをご提供したいと考えております。スマートデバイスならではの価値を感じていただける新しい遊びを提供しながら、当社のスマートデバイス事業において目的としている、ゲーム専用機事業との相乗効果を生み出すアプリとして、開発を進めていく予定です。

via: 2016年4月28日(木) 決算説明会

とコメント。秋の更新では『amiibo』対応の他にも追加要素を期待できるかもしれません。

ちなみに通常のニンテンドー3DS/3DS LL/2DSで遊んでいる場合、『amiibo』を利用するには「NFCリーダー/ライター」が必要となります。Newニンテンドー3DS/3DS LLに更新するか「NFCリーダー/ライター」を準備しましょう。

ニンテンドー3DS NFCリーダー/ライター
メーカー: 任天堂
発売日: 2015-07-30

[追記]
11月2日、任天堂から『とびだせ どうぶつの森』の無料更新データ「Ver. 1.4」がリリースされ、ソフトが『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』へとアップデートされました。『amiibo』対応に加えて様々な追加要素が含まれる更新となっています。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly