amiibo シオカラーズ(アオリ・ホタル)』の発売に合わせて、Wii U 用ソフト『Splatoon (スプラトゥーン)』も2人への対応などを行うアップデートが行われます。

更新データ「Ver.2.9.0」の配信は2016年7月6日。今回はアオリ、ホタルの『amiibo』に対応するほか、メインウェポン・スペシャルウェポンのバランス調整やステージ調整、対戦に関する問題の修正などが行われます。いつものように、インターネット対戦には最新版の適用が必須となっています。

メインウェポンの調整は「ダイナモ」系に関するもので、一撃で相手を倒せる幅がさらに狭くなり、インク回復速度も遅くなります。フェス百ケツ(百傑〔ひゃっけつ〕)でも上位に必ず入ってくるブキな上、前回の「きのこの山 vs. たけのこの里」では両陣営の上位2人を含む上位10人中7人がダイナモでした。この傾向は日本だけではないので、再度の調整が入るのも仕方ないのかなと。

スペシャルウェポンの調整は「ダイオウイカ」と「バリア」に関するもの。いずれもギアパワー無しの素の状態の効果時間が短く、スペシャル時間延長のギアパワーをつけた時の最大効果が伸びるという調整が入っています。

Splatoon Ver. 2.9.0 主な更新内容

対応amiiboの追加

  • アオリ、ホタルのamiiboに対応。

メインウェポンのバランス調整、スペシャルウェポンの効果時間のバランス調整

  • メインウェポンのバランスや、スペシャルウェポンの効果時間のバランスを調整。

※詳しい内容はこちら

ステージの調整

  • 【アンチョビットゲームズ:ガチホコルール】一部の地形の塗り状況がナワバリマップに正しく反映されていない問題を修正。

対戦に関する問題の修正

  • イカダッシュしながらスーパージャンプをした場合に、相手の画面で見ると本来よりも長い距離を滑りながら移動しているように見えることがある問題を修正。
  • ボムサーチをつけていない状態で、トラップの設置場所が相手色になっているにもかかわらず、まれに相手のトラップが見えてしまうことがある問題を修正。

その他

  • 快適に遊べるよう、一部ゲーム内容を修正。

メインウェポン、スペシャルウェポンのバランス調整 詳細

メインウェポンのバランス調整

  • ダイナモローラー、ダイナモローラーテスラ、ダイナモローラーバーンド
    • ▼振り下ろし飛沫の中央部分の一撃で相手を倒せる幅を、これまでよりも約18%狭く。
    • ▼振り下ろしたあと、インクが回復し始めるまでの時間を、約1.17秒から約1.33秒に長時間化
    • △振り下ろし飛沫でガチホコバリアに与えるダメージを、約12%増加。
      ※1つ目の調整により、一振りの振り下ろし飛沫すべてを合計したダメージが「Ver.2.8.0」と比べて減少。そのため、ガチホコバリアへの一振りの最大ダメージ量が変わらないようこの調整が行われる。

スペシャルウェポンの効果時間のバランス調整

  • バリア
    • △このスペシャルウェポンに対するスペシャル時間延長のギアパワーの効果を、最大40%から最大60%に増加。
    • ▼ギアパワーをつけていない場合、効果時間を約5.0秒から約4.5秒に短縮。
  • ダイオウイカ
    • △このスペシャルウェポンに対するスペシャル時間延長のギアパワーの効果を、最大40%から最大60%に増加。
    • ▼ギアパワーをつけていない場合の効果時間を、約6.0秒から約5.0秒に短縮。

更新もそろそろ終了時期に

さて、『スプラトゥーン』は当初の予定から延長されて2016年夏までアップデートが継続と言われていますが、「Ver.2.9.0」の配信は7月6日と、いよいよ夏に入ってきました。フェスも次回の第16回が最後と発表されていますし、大きな修正が入らないのであれば、アップデートに関してもそろそろ終了となりそうです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly