任天堂にとってかつてない規模の開発体制となっている『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ですが、このプロジェクトを通じて任天堂全体の開発レベルも新しいものとなるかもしれません。

オープンワールドな世界を構築しながら、任天堂らしさも残すゼルダ最新作。青沼英二氏によれば、プログラミングチームはAAAゲームに詳しいメンバーも加わる、過去ゼルダにはなかった新しい人員で構成されています。AAAゲームを研究しているグループがいて、オープンワールドのゲーム要素をいったん分解し、任天堂のゲームだとすぐに分かるよう組み立て直しているそうです。

青沼氏は「彼らがはたしたあらゆる努力によって、僕たちは新しいベースを作ることができた」とコメント。ゼルダを越えて任天堂ゲームを形作っていく、将来的に異なるタイプのゲームを目にするようになると思うと、今回の開発体制の成果について語っています。

また宮本茂氏や任天堂アメリカのビル・トリネン氏に対して行われた別のインタビューでは、任天堂内の他チームのスタッフや、他スタジオの代表者も複数名サポートに加わっていることが明らかに。『ゼルダ BotW』は、ゼルダ最新作だけでなく、任天堂のソフト開発にも新しい風を吹き込んだのかもしれません。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly