任天堂アメリカが配信した Nintendo Treehouse: Live @ E3 2016 Day 2 にて、『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』や『ムジュラの仮面 3D』『トライフォース3銃士』のグレッゾが開発する新作RPG『Ever Oasis(エバー・オアシス)』 が発表されました。「砂漠」を舞台とする、謎解き要素もあるアクション・アドベンチャー・RPGで、発売は2017年予定。

『Ever Oasis』は砂漠を舞台とするロールプレイングゲームで、プレイヤーは砂漠のオアシスの長となって、パートナーの水の精霊イスナと協力し、オアシスの発展を目指します。

砂漠には平和を脅かす「カオス」と呼ばれる敵キャラクターが存在。深い洞窟、仕掛けに満ちたダンジョンなど多くの試練が待ち受けています。主人公は豊かなオアシスを作るため、仲間と出会い、力を合わせて冒険します。

デフォルメされたグラフィックで、キャラクターや世界観のもつ雰囲気は可愛らしい感じですけれど、グレッゾ代表の石井浩一氏はスクエニ時代(スクウェア含む)に『聖剣伝説』を手がけており、近年開発が続いていたニンテンドー3DS向けの『ゼルダの伝説』や『すれちがいガ〜デン』のエッセンスが詰め込まれていそうなタイトルです。

出展映像

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly