2016年3月までに全世界累352万本を突破していることが任天堂から報告されているWii U『スーパーマリオメーカー』。

2Dマリオのコースを作成したり遊んだり、オンラインで共有できるクリエイト系ソフトですが、本作で投稿されたコースが累計720万コースを突破し、6億回以上遊ばれていることが海外の任天堂から報告されています。1コース1分遊ぶとして、全コースを遊びつくすには約14年を要する計算。

同系統のジャンルのソフトであり、「世界一ユーザーが作ったステージが多いゲーム」としてギネス記録に登録されている『リトルビッグプラネット』が複数作を経て700万コース到達までに4年近く要したことを考えると、2015年9月の発売から9ヶ月足らずで『スーパーマリオメーカー』が達成したこの数字がいかに驚異的なペースであるかが分かります。

まあ、こうしたソフトにありがちなしょうもないコースも少なくないわけですが、ユーザーが何らかのクリエイティビティを発揮して作成したコースがこれだけの数に上っているのは誇れる数字といえます。

Splatoon(スプラトゥーン)』と並んで Wii U を代表する任天堂の定番タイトルとなっている『スーパーマリオメーカー』。現状でも「パーツのこんな使い方があったか!」と感嘆するコースに出会うこともしばしばありますが、さらに面白いコースに出会えるよう、より自由度の高いコースを作成できるパーツやスキン、キャラマリオ等々、ゲーム内容の拡充を期待したいところです。

スーパーマリオメーカー
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: 作って、遊ぶ
発売日: 2015-09-10
プレイ人数: 1人
対応: amiibo、インターネット

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly