昨年秋より、北米を皮切りに海外展開を果たしたレベルファイブの『妖怪ウォッチ』。日本ではこの夏、シリーズ本編最新作の『妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ』がニンテンドー3DS向けに発売予定となっていますが、北米では9月に第2作目『妖怪ウォッチ2 元祖/本家(海外タイトル:YO-KAI WATCH 2: Bony Spirits / Fleshy Souls)』の発売が決定しました。

任天堂アメリカのセールス&マーケティング担当EVPのScott Moffitt氏は「今年も米国に妖怪体験をもたらし続けられることに興奮している」とコメントしています。

『妖怪ウォッチ』は、ゲームの販売を担当する任天堂が続編を投入するだけでなく、関連グッズと販売するHasbroが今秋「妖怪メダル」や「妖怪ウォッチ」「トレーディングカードゲーム」の新作を含む複数の新アイテムが発売予定。アニメではDisney XDが今夏よりシーズン2を放送開始。アニメはNetflixやDVDでシーズン1を視聴することもできるということです。またVIZ Mediaからは漫画の新作もあり、大規模なクロスメディア展開が継続。

さらにスマホ向けには『YO-KAI WATCH Wibble Wobble(妖怪ウォッチ ぷにぷに)』も配信中となっています。

妖怪ウォッチ ぷにぷに

無料
(2016.05.17時点)
posted with ポチレバ

日本ではアニメ人気がゲームにも好影響を及ぼし、『2』で大ヒットを記録しましたが、北米でも同じように火が付くのかどうか。

北米の今年の3DSソフトラインナップを見ると、『ファイアーエムブレムif』や『ブレイブリーセカンド』から始まり、『ドラゴンクエストVII』『ドラゴンクエストVIII』、そして年末の『ポケットモンスター サン・ムーン』へと続くRPGを中心とした構成。

その間には『星のカービィ ロボボプラネット』や『モンスターハンタークロス』『メトロイドプライム フェデレーションフォース』も入ってきますが、発売タイトルは比較的男の子向けが多くなっています。そんな中で登場する『妖怪ウォッチ2』は、女の子も手に取りやすいタイトルで、また低年齢向けにも広がりを見せるかもしれません。

妖怪ウォッチ3 テンプラ
妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ
メーカー: レベルファイブ
開発: レベルファイブ
ジャンル: RPG
発売日: 2016-07-16
対応機種: ニンテンドー3DSシリーズ

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly