再度の延期で、発売が2017年に変更された『ゼルダの伝説 最新作』。対応ハードに「NX」が追加されてWii Uとのマルチプラットフォームとなり、GC/Wii『トワイライトプリンセス』を思い出します。

ソフトのローンチはゼルダ30周年には間に合わないものの、任天堂は6月のE3 2016で、この『ゼルダ 最新作』にフォーカス。唯一のプレイアブル出展タイトルになるようです。

任天堂アメリカが「NX」発売時期決定と合わせて発表したリリースによると、任天堂のE3に対するアプローチは毎年変化し、今年の場合は『ゼルダの伝説 最新作』にフォーカスすることに決定。Wii U版が、初めてプレイアブルな状態で出展されます。さらに、参加者に完全な没入感を提供するため、『ゼルダU』がショウフロアで試遊可能な唯一の任天堂ソフトとなります。

E3 2016に関するさらなる情報は、追って発表予定。他にも映像出展はあるんでしょうが、プレイアブルがゼルダ1点勝負とは。

NoAからは新しいアートワークも公開されました。

女性のようにも見えた2014年版と比べて、男らしい顔つきになっていますね。

NX の本発表はE3ではない別のタイミングで

なお、発売が2017年3月ということで、出展や発表が期待される「NX」ですが、E3への出展は無いそうです。開発者やソフトメーカーからいくつか漏れ聞こえる情報はあるかもしれませんが、任天堂公式から本格的な発表があるのは他の機会となりそう。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly