任天堂から4月28日に発売予定のニンテンドー3DS向け『星のカービィ』シリーズ最新作『星のカービィ ロボボプラネット』。「ロボボアーマー」に乗り込む新しいアクションのほか、コピー能力にも新たな能力が登場するなど、3DSの本編2作目もカービィの冒険は楽しいものとなりそうですが、任天堂から13日、紹介映像やTVCMが公開。

ゲームのイントロから25種類以上におよぶコピー能力、10種類以上のモードチェンジができるロボボ、ロボボに貼ってカスタマイズできる200種類のステッカー、ステージ構成、2つのサブゲームといった本作の特徴が映像で詳しく紹介されました。

コピー能力は25種類以上

最新作は、ロボボアーマーに乗ったアクションがが大きな特徴となっていますが、カービィのコピー能力も新作を含め25種類以上が収録。おなじみの能力に加えて、新たに3つのコピー能力「ポイズン」「ドクター」「エスパー」が登場します。

MOTHER オマージュ?なエスパー

その1つである「エスパー」では、カービィが帽子を被った姿に。まるで『MOTHER』シリーズの主人公ぼくやネスのよう。超能力を使うシーンもなんとなくそれっぽく見えます。

紹介映像

TVCM

ニンテンドー3DS用ソフト『星のカービィ ロボボプラネット』は4月28日にに発売予定。『amiibo 星のカービィシリーズ』や、『amiibo ジオラマキット』も同時発売。

星のカービィ ロボボプラネット
メーカー: 任天堂
開発: HAL研究所
ジャンル: アクション
発売日: 2016-04-28
プレイ人数: 1人(一部サブゲームで最大4人)
対応: ローカルプレイ、ダウンロードプレイ、すれちがい通信、インターネット、amiibo

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly