メディアクリエイト調べによる最新の週間ソフト&ハードセルスルーランキング(2016年3月14日~3月20日週)が発表され、アーケード版からの移植となるWii U用対戦アクション『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』が初登場首位を獲得したことが明らかになりました。

『ポッ拳』は6.9万本を販売。据置ゲーム機向けの『ポケモン』パッケージタイトルは2011年11月の『ポケパーク2 〜Beyond the World〜』(初動:3.5万本)以来となりますが、同作を上回る初動を見せました。ジャンルは違いますけどね。

ただ消化率は3割台と低かったそうで、小売からすればやや期待外れな出足となっています。2位は『デジモンワールド -next 0rder-』が僅差の6.4万本で初登場。

『ディビジョン』は3位に後退しましたが、2.3万本を販売しており、2週目で累計10万本を突破しています。4位『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』は1.2万本を販売しこちらも累計10万本を突破。5位『Splatoon(スプラトゥーン)』は1.0万本を販売して累計130万本に到達しています。

17日に発売が開始された3DSソフトの廉価版「ハッピープライスセレクション」からは『とびだせ どうぶつの森』が初動は大きくないものの0.6万本で11位にランクイン。410万本を突破している通常パッケージ版も少し前までトップ20に入る人気を続けていましたが、価格改定でもうひと伸びしそうです。

ソフト総販売本数は前週比92.4%の48.6万本。今週も新作が多数発売され、首位が入れ替わる動きを見せたものの、再び50万本を割り込みました。

週間ソフトランキング トップ20内 任天堂ハードソフト

1位: ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT(同梱版含む)
6.9万本
4位: マリオ&ソニック AT リオオリンピック(3DS)
1.2万本 ← 1.3万本/累計10.7万本
5位: Splatoon (スプラトゥーン)(同梱版含む)
1.0万本 ← 1.0万本/累計130.1万本
9位: ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD(限定版含む)
0.7万本 ← 5.2万本/累計5.9万本
11位: とびだせ どうぶつの森 (ハッピープライスセレクション)
0.6万本
12位: スーパーマリオメーカー(同梱版含む)
0.6万本 ← 圏外/累計82.2万本
16位: ドラえもん 新・のび太の日本誕生
0.5万本 ← 0.6万本/累計1.8万本
17位: モンスターハンタークロス(同梱版含む)
0.4万本 ← 0.5万本/累計271.5万本
19位: 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
0.4万本 ← 0.4万本/累計223.2万本

Wii U が『ポッ拳』効果で1万台規模を回復

ハード総販売台数は前週比108.9%の8.8万台。Wii Uが『ポッ拳』の同梱セット効果で数字を伸ばし、8週ぶりに1万台規模を回復して1.2万台を販売。PS4(2.8万台)や3DS(2.6万台)も販売規模をキープしています。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly