任天堂公式からDSiショップの終了初代DSの修理受付終了がアナウンスされているニンテンドーDSシリーズですが、別ソースとしてカナダのゲーム小売VGP(Video Games Plus)がDSソフトの現状に言及。任天堂はDSカードの生産を世界的に終了したと報告しています。


ニンテンドーDSシリーズの本体は既に生産が終了していますが、ソフトは現行機種の3DSシリーズで遊ぶことができることもあって、今でも定番タイトルなどを店舗で新品を見ることができます。今回は任天堂公式からの情報ではないものの、最近相次ぐ関連サービスの終了発表を見ていると、前世代機のソフト生産が終了するという話が出てきてもおかしくはない時期に入っているのかもしれません。

任天堂ゲーム機の互換サポートが基本的に1世代前までであることを考えれば、DS事業の終了は3DSの後継機種(=NX?)の準備が進んでいると見ることも。あくまで今回は小売店経由の情報で、元ツイートも削除されてしまいましたが。任天堂からの公式アナウンスを待ちたいところ。

ちなみにDSソフトは2015年4月よりWii Uのバーチャルコンソールとして配信がスタートしており、まだラインナップは満足な数ではないものの、テレビ画面やWii U GamePad画面でDSソフトを楽しむこともできます。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly