メディアクリエイト調べによる最新の週間ソフト&ハードセルスルーランキング(2016年2月29日~3月6日週)が発表され、PS Vita版『ガンダムブレイカー3』が初登場首位を獲得したことが明らかになりました。『ガンダムブレイカー3』はPS4版も2位に入り、2機種合計で14.1万本を販売しています。

3位は人気バレーボール漫画『ハイキュー!!』を題材にした3DS『ハイキュー!! Cross team match!』が2.3万本を販売してランクイン。バンダイナムコエンターテインメントの新作タイトルが1〜3位を占めました。

今週も多くの新作が発売。この結果総販売本数は前週比108.4%の53.9万本と50万本台を回復しています。

週間ソフトランキング トップ20内任天堂ハードソフト

3位: ハイキュー!! Cross team match!(限定版含む)
2.3万本
5位: マリオ&ソニック AT リオオリンピック(3DS)
1.8万本 ← 2.2万本/累計8.2万本
9位: Splatoon (スプラトゥーン)(同梱版含む)
1.0万本 ← 0.9万本/累計128.1万本
13位: ドラえもん 新・のび太の日本誕生
0.7万本
15位: スーパーマリオメーカー(同梱版含む)
0.6万本 ← 圏外/累計81.2万本
16位: 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
0.6万本 ← 0.6万本/累計222.3万本
18位: ロックマン クラシックス コレクション
0.6万本 ← 2.3万本/累計3.0万本
20位: モンスターハンタークロス(同梱版含む)
0.6万本 ← 0.7万本/累計270.5万本

好調なPSプラットフォームが牽引し10万台規模に迫る

ハード販売台数は前週比126.5%の9.6万台。PS Vitaの2.9万台やPS4の2.8万台をはじめ、全体的に販売台数が増加し10万台規模に迫る勢いを見せました。Wii Uももう少し回復して0.7万台。昨年並みの販売台数に戻してきてはいるものの、ただ店頭では相変わらず品薄が継続。完全に供給が戻ったわけではなさそうです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly