メディアクリエイト調べによる最新の週間ソフト&ハードセルスルーランキング(2016年2月22日~2月28日週)が発表され、PS4版『仮面ライダー バトライド・ウォー 創生』が初登場首位を飾ったことが明らかになりました。Vita版は3位、PS3版も4位に入り、3機種合計で7.7万本を販売。2014年6月にPS3とWii Uで発売された『仮面ライダー バトライド・ウォーII』の初週実績6.9万本を上回る出足を見せています。

2位に入ったのはファミコン時代の『ロックマン』6タイトルをセットにした『ロックマン クラシックス コレクション』。3DS版のみパッケージ展開が行われ、2.3万本を販売しています。

今年は毎週首位が入れ替わるめまぐるしい展開が続いていますが、今週の新作ソフトは販売規模が小さく、市場は再び縮小。ソフト総販売本数は49.7万本で50万本台を割り込みました。

なお今週はVC『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』およびこれらを同梱したニンテンドー2DSが発売されていますが、メディクリではまったく言及無し。推計値を出したファミ通や電撃によると、DLカードは6.9万本、2DSは7万台前後の販売実績となった様子。

週間ソフトランキング トップ20(任天堂ハード)

2位: ロックマン クラシックス コレクション
2.3万本
6位: マリオ&ソニック AT リオオリンピック(3DS)
2.2万本 ← 4.1万本/累計6.3万本
13位: Splatoon (スプラトゥーン)(同梱版含む)
0.9万本 ← 0.9万本/累計127.0万本
16位: モンスターハンタークロス(同梱版含む)
0.7万本 ← 0.7万本/累計269.8万本
19位: 真・女神転生IV FINAL
0.6万本 ← 1.4万本/累計11.7万本
20位: 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
0.6万本 ← 0.7万本/累計221.7万本

ハード首位はPS4、Wii Uは若干回復

ハード総販売台数は7.6万台。トップはPS4の2.6万台、3DSは2.5万台でした。任天堂からの供給が滞り品薄が続くWii Uは若干戻して0.5万台。ただ品薄の改善に関して任天堂から案内が無く、いつ出荷が戻るのかは不透明なままです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly