本来1月に行われるはずだったアップデートが遅延しているShin’en MultimediaのWii U用ソフト『FAST Racing NEO』ですが、同デベロッパーが更新の遅れを謝罪。また遅れている理由を説明しています。

Shin’enによると、日米欧の全バージョンで同時にテストする必要があり、また承認プロセスに長い時間がかかっています。そのため、まだ具体的な更新日程は確定しないものの、近いうちにお伝えしたいとしています。次回更新ではテレビ画面のミニマップなどが実装予定。

『FAST Racing NEO』は、Shin’enが昨年末にWii Uでリリースした近未来を舞台とする高速レーシングゲーム。ジャンルを代表する『F-ZERO』のフォロワーであるものの、独自の魅力を有しており、メディアやユーザーから高い評価を得ています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で