NPDグループから発表された、2016年2月期の北米ビデオゲーム市場規模は、ハードウェア・ソフトウェアともに前年同月比で大きく落ち込んで、市場総規模も1億ドル以上の減少となりました。

ハードウェア:PS4が引き続き牽引、全体の販売規模は縮小

ハード市場は前年同月比で23%もの減少を見せ、3億ドルを割り込み2億9220万ドルでした。携帯型ゲーム機市場の縮小による影響が大きく、昨年2月に発売され、月間トップハードとなったNewニンテンドー3DSの反動減により、前年同月比で58%のマイナス。金額では4800万ドル減少したということです。

据置型ゲーム機の方も、第7世代の旧世代機、第8世代の現行機ともに減少。旧世代機の販売規模は大きくありませんが、第7世代は77%減。第8世代も6%減少しました。ただ既に販売の中心は殆どが現行機へと移っていることから、第7世代縮小の影響は小さく、減少額は700万ドル程度だと NPD のアナリスト Liam Callahan 氏は指摘。

第8世代の現行機は金額ベースで86%のシェアを占めているということです。

ソフトウェア:前作を凌ぐ規模でFar Cry Primalが首位デビュー

月間USチャートは『Far Cry Primal』がトップを獲得。シリーズの前作『Far Cry 4』を上回る初動を見せました。しかしながら、他にも『ストリートファイターV』や『ファイアーエムブレムif』と新作が登場する中、2月の新作販売は昨年から金額ベースで4%、本数ベースで12%ダウン。

第8世代のソフト市場が14%(2800万ドル)成長する一方で、第7世代は52%ダウン。携帯機もまた、New3DSのローンチで『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』『モンスターハンター4G』が発売され、両タイトルがトップ10入りした昨年と比較して30%ダウンしました。

とはいえ、任天堂の2月の新作である『ファイアーエムブレムif』は40万規模を販売し、『白夜王国』が9位に入るなど一定の存在感を見せています。

これらの結果、ソフト市場の販売額は10%減の3億390万ドル、PCソフト込みでは11%減の3億950万ドルでした。

2016年2月 USチャート トップ10

  1. Far Cry: Primal (PS4, Xbox One)
  2. Call of Duty: Black Ops 3 (Xbox One, PS4, 360, PS3, PC)
  3. Grand Theft Auto V (PS4, Xbox One, 360, PS3, PC)
  4. NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4 (PS4, Xbox One)
  5. NBA 2K16 (PS4, Xbox One, 360, PS3)
  6. LEGO Marvel Avengers (360, Xbox One, PS4, Wii U, PS3, 3DS, Vita)
  7. ストリートファイターV (PS4)
  8. Minecraft (360, Xbox One, PS4, PS3)
  9. ファイアーエムブレムif 白夜王国 (3DS)
  10. Fallout 4 (PS4, Xbox One, PC)

周辺機器・アクセサリ

唯一の成長市場である周辺機器・アクセサリは1%アップの2億4640万ドル。デジタルストア決済用のポイントカードやサブスクリプションカード、コントローラ、ヘッドセット、ヘッドホンなどが好調だったということです。

またポイント・サブスクリプションカードに関しては12ヶ月間の販売額が初めて10億ドルを突破。デジタルへの移行が進んでいることを感じさせます。それだけNPDのソフトランキングが実態とずれてきているとも言えますが。

2016年2月期 アメリカゲーム市場規模

  • ハードウェア:2億9220万ドル(▲23%)
  • ソフトウェア:3億0390万ドル(▲10%)
  • ソフトウェア(PC込):3億0950万ドル(▲11%)
  • 周辺機器・アクセサリ:2億2640万ドル(+1%)
  • 市場全体:8億4250万ドル(▲12%)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で