新登場となるジャイロウィングや、アーウィンの地上形態ウォーカーなど、アーウィン以外にも様々なマシンが登場する『スターフォックス ゼロ』。ですが、『スターフォックス64』で惑星アクアスを攻略する際に登場した潜水艦「ブルーマリン」は、今回も再登場とはならなかったようです。

インタビューの中でブルーマリンの存在について訊かれた宮本氏は「まだちゃんと倉庫にはしまってあると思うんですけど(笑)」と回答。

収録されなかった理由については、『スターフォックス64』の頃の、1つのコントローラで1つの画面を通して遊ぶゲームに向いている乗り物と、最新作で可能になった2つの画面とジャイロエイミングに向いているメカが異なっていること。2つを足して全部入れていくと収録数がどんどん増えていくため、収録する機体を絞ったということです。

「悪いゲームはずっと悪いまま」発言は誤解

インタビューではまた、宮本氏が以前発言したという“A delayed game is eventually good. A bad game is bad forever.(延期したゲームは最終的に良いものになるけれど、悪いゲームはずっと悪いまま)”について、「悪いゲームはずっと悪い」との文言通りの解釈で発言したことはなく、元々は「(関わったプロジェクトの製品を)満足の行かない状態で出したらずっと自分が後悔する」という意味での発言だったと誤解を訂正しています。

『スターフォックス ゼロ・スターフォックス ガード』ダブルパック
メーカー: 任天堂
開発: プラチナゲームズ、任天堂
ジャンル: シューティング
発売日: 2016-04-21
プレイ人数: 1-2人
対応: amiibo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で