『ポケットモンスター』が20周年を迎えた27日0時より、任天堂は「Pokémon Direct 2016.2.27」を放送。

ポケモンの石原恒和氏がホスト役を務める番組の中で、シリーズ生誕20周年を祝福したほか、完全新作『ポケットモンスター サン・ムーン』を2016年冬に発売すると発表しました。対応ハードはニンテンドー3DS。

最新作では、これまで対応していた日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、韓国語の7言語に加えて、より多くのユーザーに楽しんでもらえるよう中国語の簡体字・繁体字が加わった全部で9言語に対応。

石原氏は、「ポケモンを通して、世界中の多くの皆さんが、それぞれの言語の壁を超え、交流していただけることを願っています」とコメント。どおりで、発表映像も、多言語を意識したものになっていました。屋外のシーンが多かったので『ポケモンGO』の方かなとも思ったのですが、リーク通りの最新作が発表されました。

初代で集めたポケモンたちを、最新作『サン・ムーン』へ連れていける

VC『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』はポケモンバンクに対応

1996年、ゲームボーイで誕生した『ポケットモンスター』は、任天堂ハードの進化に合わせてゲーム内容だけでなく通信方法も進化。有線ケーブルからワイヤレス、そして現在はインターネット通信を活用したものになっています。

ソフトが次のハードへ移っても、前のソフトでつかまえたポケモンを連れてくるなどして、思い出を引き継ぐ事ができるのが『ポケモン』の魅力の1つ。ただ、ゲームボーイ時代の『ポケモン』に関しては、通信の問題が解決できず、最近のハードへ連れてくることが出来なかったと悔やむ石原氏。

VCの初代4色は ポケモンバンク に対応

しかし、今回この問題が解決します。27日より配信がはじまった3DS用バーチャルコンソール『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』が、なんとクラウド管理サービスの「ポケモンバンク」に対応。ポケモンバンクのサービスを利用することで、最新作『ポケモン サン・ムーン』へ連れてくることが出来るようになったそうです。

20年前の初代で集めたポケモンたちを、これから発売される最新作へ。

なお、VC『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』が「ポケモンバンク」に対応するのは、2016年冬以降。「ポケモンバンク」が『ポケットモンスター サン・ムーン』に対応した後からになるとのこと。

その他のタイトルで集めたポケモンを最新作へ引き継ぐ方法はこちら

3DS VC:ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ 専用ダウンロードカード特別版
メーカー: 任天堂
開発: ゲームフリーク、クリーチャーズ
ジャンル: RPG
発売日: 2016-02-27
プレイ人数: 1人(通信プレイ時:2人)
対応: ローカルプレイ
備考:Amazon.co.jp限定特典「PC壁紙」配信(2月27日注文分まで)

石原氏は「20周年を迎えた今年はもちろん、これからも、これまでになかった遊びをどんどん生み出して行きたいと思っています」と締めくくりました。

シリーズ完全新作『ポケットモンスター サン・ムーン』は2016年冬、ニンテンドー3DSで発売予定。

『ポケモンGO』との関連は?

Pokémon GO

20周年の今年、『ポケモン』の遊びは『ポケモンGO』で現実世界に進出。その発表映像であったり、先日の20周年を記念するスーパーボウルCM、そして今回の最新作『サン・ムーン』のいずれも、国境や人種の壁を越えた、ワールドワイドを強く意識した構成になっています。

予定通りであれば、2作とも年内に揃い踏みということになるわけですが、実際に世界的人気を誇るポケモンが20周年を迎える中で、映像もコンセプトを統一してああいう形になっているのか、それとも別の意図、たとえば何かしら連動するコンテンツがあったりするのかどうか。

ポケットモンスター ムーン
ポケットモンスター サン・ムーン
メーカー: 任天堂/ポケモン
開発: ゲームフリーク
ジャンル: RPG
発売日: 2016-11-18
プレイ人数: 1人(対戦・交換など 2~4人)
対応: ローカルプレイ、インターネット

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly