3月10日の発売が迫るWii U『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』の公式サイトがオープンしました。HD版で進化した、新しくなったポイントやゲームの世界観、キャラクターなどが任天堂から公開されています。

HD版で進化したポイント

フルHD化

“HD”で大きく進化したのは、まずは高画質化したグラフィック。人物や風景がフルHDで描かれているだけでなく、背景やメニューなどのテクスチャも高精細に描き直されました。

amiibo に対応

『トワプリHD』は『amiibo』に対応。同時発売される『amiibo ウルフリンク』をタッチすると「獣の試練」という特別なミニダンジョンにチャレンジできます。最深の地下40階までクリアすると、9999ルピーまで持てる「底なしのサイフ」を入手できます。

その他のゼルダキャラクターにも対応。矢やハートが回復したり、被ダメージが増えたりと効果は様々。

参考:『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』の『amiibo』機能紹介、新ダンジョンは地下40階を目指す「獣の試練」

amiibo ウルフリンク【トワイライトプリンセス】(ゼルダの伝説シリーズ)
メーカー: 任天堂
発売日: 2016-03-10

Wii U GamePad による、快適な操作

Wii Uリメイクの先輩、『風のタクトHD』でも活用されていた Wii U GamePad。『トワプリHD』においても、瞬時にアイテムを選択したり、ジャイロセンサーで直感的にアイテムを扱えたり、全体マップを表示させたり快適性向上に役立っています。Rスティックでは自由なカメラ操作も。また、GamePad単体で遊べる「Off-TV Play」にも対応しています。

50種類のMiiverse用「ハンコ」

Miiverseで使用可能な「ハンコ」が『トワプリHD』にも登場。ハイラル文字やリンクたちの喜怒哀楽など50種類が収録。ゲーム内から直接Miiverseへ投稿が可能です。

その他の進化ポイント

辛口モード – 左右反転した世界

その他、受けるダメージが2倍になる「辛口モード」が収録。このモードは被ダメージが増加するだけでなく、左右が反転した世界が舞台。元がGC版オリジナル準拠の左利きなので、辛口モードのリンクはWii版と同じ右利きで登場します。

  • amiibo ガノンドロフ → 被ダメージ2倍
  • 辛口モード → 被ダメージ2倍、左右が反転した世界で遊べる(辛口モードでガノンドロフをタッチすると被ダメ4倍に?)

ただし本作の対応コントローラは「Wii U GamePad」と「Wii U PROコントローラー」の2つ。海外の公式サイトにて、一時Wiiリモコンのアイコンも表示されていたことで、モーションコントロールによるリモコン操作も行えるのではと期待されましたが、残念ながら対応していないようです。

ポゥフィーの居場所が昼間でもわかるように

夜にしか現れなかった敵「ポゥフィー」の居場所を探すためのアイテム「ゴーストカンテラ」が追加。これにより昼間でも「ポゥフィー」の居場所が分かるようになりました。

基本アクションの操作性が改善

海外誌のインタビュでー、シリーズ総合プロデューサーの青沼英二氏も語っていましたが、乗馬や泳ぎなどの基本アクションの操作性が改善。その他にも分かりづらかった箇所などがプレイしやすくなるよう調整されているのだそう。

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD SPECIAL EDITION
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD
メーカー: 任天堂
開発: Tantalus Media
ジャンル: アクションアドベンチャー
発売日: 2016-03-10
プレイ人数: 1人
対応: amiibo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で