Wii Uの機能と、世界各地さまざまな場所を360度のパノラマ写真で見渡すことができる「Google ストリートビュー」を組み合わせたソフト『Wii Street U powerd by Google』。Wii U初期にリリースされた、Web技術を応用したNintendo Web Frameworkで制作されたソフトで、リビングから世界を旅することができました。

しかし残念ながら、2016年2月29日16時59分をもってソフトの販売が終了となり、また4月1日13時をもってサービスも終了となることが任天堂から発表されています。サービスの終了後、ソフトの利用はできなくなります。

任天堂は海外向けのプレスリリースで、現在サービスを利用しているユーザーに対してサービスの提供終了を謝罪。限られたリソースを他の分野に注力するためであることをご理解いただきたいと述べています。

『Wii Street U』は、「ソフトウェアの作り手を広げる」取り組みの1つとして導入されたNintendo Web Framework(NWF)を使ったソフトでもあり、何度か頻繁なアップデートが行われ、機能が充実していきました。Miiverseとの連携や、「バランスWiiボード」にも対応して足踏みで移動できるようになったり、様々な場所に隠しキャラクターがひょっこり表示されるようになったり。

また、岩田前社長の体を張ったプレゼンや、社長が訊くで実に楽しそうにGoogleの撮影機材(トレッカーと呼ばれている)を背負っていた姿も印象的でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で