昨年対応が発表され、海外にて3DSのデジタル版がリリースされた任天堂プラットフォーム向け『Terraria(テラリア)』。国内市場への投入が待たれるところでしたが、どうやら3DS版とWii U版、両方のリリースが決定したようです。1月28日発売号のファミ通最新号で発表されました。国内パブリッシャーはスパイク・チュンソフト。

任天堂プラットフォーム向けの『テラリア』では、ハードの特性を活かして2画面でゲームプレイが可能。タッチ操作に対応していて、より快適なクラフトを楽しむ事が可能です。海外版の仕様だと、3DS版はNew3DSの利用でより滑らかなフレームレートでの動作や今後の拡張を期待でき、Wii U版の方はGamePadを活用した操作体系で遊ぶことができます。

3DS版の発売日は4月21日で税込4104円(ダウンロード版は3000円(税込))、Wii U版の発売日は未定(海外では2016年初頭発売予定)。

テラリア
メーカー: スパイク・チュンソフト
開発: Re-Logic / Codeglue
ジャンル: モノづくりアクションアドベンチャー
発売日: 2016-04-21
プレイ人数: 1人(通信プレイ時: 2-4人)
対応: ローカルプレイ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で