ニンテンドウ64時代の箱庭3Dアクション、『スーパーマリオ64』や『バンジョーとカズーイの大冒険』『ドンキーコング64』などに影響を受けたというアクションゲーム『FreezeME』。

以前行われたKickstarterでは、残念ながら目標調達額を達成することはできなかったものの、ゲームの開発は続行。Steam版に続いてWii U版も完成し、22日、任天堂アメリカのチェックを通過したことがデベロッパーより発表。続いて、北米地域で2月4日に配信予定であることが明らかになりました。

ローンチ記念として発売から1週間は9.99ドルで販売されます(通常価格は13.99ドル)。欧州やオーストラリアでも審査が通り次第順次配信予定。日本語にも対応予定だったので、うまいこと国内パブリッシャーが見つかると良いのだけれど。

スペインのバルセロナを拠点とするデベロッパーRainy Night Creationsが開発する『FreezeME』は、昨年12月にSteam版が配信が開始。オブジェクトを固定させられるカメラを手に、ショートカットの眼鏡っこが冒険する3Dアクションゲームです。

N64時代インスパイアといっても、当時の箱庭的であるだけでなく、Wii『スーパーマリオギャラクシー』のような重力を使ったギミックも搭載。

Wii U版ではGamePadによるタッチ操作やOff-TV Play、Wiiリモコン操作、Wii U PROコントローラー対応、2人協力プレイなどの機能が追加されています。

FreezeME – Release Trailer – Wii U

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で