任天堂アメリカは、『ファイアーレムブレムif』の特製New3DS XLを含む販売形式詳細や『ブレイブリーセカンド』の発売日決定などを、ニンテンドー3DS向けに今後発売予定である主要RPGラインナップ詳細を発表しました。2016年の北米3DS市場は、1年を通してRPGファン受けするタイトルがリリースされます。

まず1月は、もう後半に入っていますが『マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX』と『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ』がリリース。2月に入ると『PROJECT X ZONE 2』や、特別仕様のNew3DS XLも発売される『ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国』がいよいよリリース。

『FE』シリーズ初めて複数バージョンでリリースされることや、もう一方のバージョンをDL購入出来ること、そして第3のシナリオや追加コンテンツもあるということで、商品の説明は念入りにされています。ソフト単品だけでなく、3つのシナリオをすべて収録し、アートブックや3DS XL用ポーチを同梱するスペシャルエディションも79.99ドルで発売予定。

北米で高評価を受けた『ブレイブリーデフォルト』の続編となる『ブレイブリーセカンド』は4月15日に発売。こちらもファンアイテムとしてコレクターズ・エディションが用意され、ソフトに加えて、10曲収録のサウンドトラックCDと250ページに及ぶアートブックが付属します。また、製品版発売前には、日本でも配信された製品版にデータを一部引き継ぐことができる体験版『ブレイブリーセカンド 無料で遊べる三銃士編』もリリース予定。

春にかけては『FEif』と『BSEL』が中心となりそうな3DSのソフトラインナップ。今年はさらに『ドラゴンクエスト』シリーズの2作も発売予定となっており、RPGファンにとっては嬉しい1年となりそうです。

パッケージソフトとして発売されるRPG以外のタイトルは、『LEGO マーベル アベンジャーズ』や『ロックマン クラシックコレクション』『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』が今のところ3月末までに発売予定。というわけで2016年の北米3DS市場は、暫くの間RPG比率の高いラインナップとなっています。

北米市場で2016年これから発売予定の主な3DS向けRPG

1月22日:マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX
1月26日:ファイナルファンタジー エクスプローラーズ
2月16日:PROJECT X ZONE 2
2月19日:ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国
2月27日:VCポケットモンスター(赤、青、ピカチュウ)
4月15日:ブレイブリーセカンド エンドレイヤー
2016年夏:ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
2016年内:ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

一度勢いを失ってしまうと、再び盛り上げていくのは難しい。とは任天堂も常々語っていることですが、2015年は少なかったコア向けに訴求するソフトを立て続けにリリースしていくことで、3DS市場の再活性化を目指します。今年はNXの発表・発売も控えていますけど、3DS市場もまだ終われないですからね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で