任天堂は19日、Wii U用アクションシューター『Splatoon(スプラトゥーン)』について、20日に更新データ「Ver. 2.5.0」を配信すると発表しました。今回の更新データを適用することで、一部ステージの配置修正や、対戦における不具合が修正されます。

スプラトゥーン Ver. 2.5.0 の主な更新内容

ステージの変更

  • ハコフグ倉庫:【ガチホコルール】での配置を修正。
  • アロワナモール:【全ルール】で、意図しない場所を通ることができないように配置を修正。
  • ショッツル鉱山:【ガチヤグラルール】で、意図しない場所を通ることができないように配置を修正。

対戦に関する問題の修正

  • キンメダイ美術館:【ガチヤグラルール以外】で、中央に配置されている回転台付近のみ、塗った面積の判定が意図しない状態になっている問題を修正。
  • マヒマヒリゾート&スパ:【ガチホコルール】で、中央付近でガチホコバリアを破壊したときに、本来よりも多くスペシャルゲージがたまる問題を修正。

その他

  • より快適に遊べるよう、一部ゲーム内容を修正。

必要空き容量

「Ver. 2.5.0」のダウンロードに必要な空き容量は、前回の「Ver. 2.4.0」を適用済みの場合は「124MB」。ソフト購入後、一度も更新データをダウンロードしていない場合は「766MB」が必要になるとのこと。空き容量が不足している場合、不要なデータを削除するか、外付けHDDが必要になります。

サーバーメンテナンスが実施

更新データの配信に伴い「1月20日 午前9時50分 〜 11時頃」にかけてサーバーメンテナンスが実施。メンテナンス中はサービスを利用することができなくなります。

なお、インターネット対戦を行う場合、最新版の適用が必須となります。「Ver. 2.5.0」リリース後は、それ以前のバージョンでは繋げなくなりますので、オンラインにつながらない場合、最新版が適用されているかどうかご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で