任天堂は17日、Wii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』の更新データ「Ver. 2.4.0」を18日に配信すると発表しました。この更新では「マッチングの見直し」や「ガチホコバトルの修正」「ステージの配置修正」などのバランス調整が行われます。

Splatoon Ver. 2.4.0 主な更新内容

マッチングに関する変更

  • 従来よりも、ゲームの操作に慣れていないプレイヤーと、慣れているプレイヤーがマッチングしにくくなるよう修正。

ガチホコバトルに関する変更

  • 「ハコフグ倉庫」「シオノメ油田」「アロワナモール」「ヒラメが丘団地」で、新たに「ガチホコ進入禁止エリア」が設定(※ガチホコを持った状態でガチホコ進入禁止エリアの中にいると、持ち時間が通常よりも早く減るペナルティがある)

ステージの変更

下記の4ステージで、意図しない場所を通ることができないように配置を修正。

  • アロワナモール(全ルール)
  • ホッケふ頭(全ルール)
  • ヒラメが丘団地(全ルール)
  • キンメダイ美術館(ガチホコルール)

対戦に関する問題の修正

  • 【ガチホコバトル】で、空中でガチホコをうばった際に、本来よりも大きくカウントが進んでしまうことがある問題を修正。
  • 【ガチホコバトル】で、ボムとガチホコバリアの間に障害物がある場合にも、ボムの爆風でガチホコバリアにダメージを与えることができてしまう問題を修正。
  • 同じチームのスプラッシュシールドが近くに複数個設置されたとき、どれか1つのシールドが防いだ弾のダメージがほかのシールドにも同時に与えられてしまうことがある問題を修正。
  • 壁の近くでボムを構えて投げるときに、ボムがガイドどおりに飛ばず、壁に接触してしまうことがある問題を修正。

その他

  • 快適に遊べるよう、一部ゲーム内容を修正。

なお、更新データの配信にともなって、「18日午前9時50分から11時頃まで」の間、サーバーメンテナンスのためにサービスを利用することができなくなります。

ブキやギアのソート、お気に入り登録機能の追加はまだですか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で