アークシステムワークスから今冬の配信が発表されていた、ドイツのShin’en Multimedia開発による近未来超高速SFレーシングゲーム『FAST Racing NEO』。その配信開始日が2015年12月22日に決定しました。価格は1800円。

『F-ZERO』や『ワイプアウト』、昔は代表的なタイトルがあったものの、最近はめっきり少なくなったこの手のレースゲームジャンルに新作が登場するということで、『FAST Racing NEO』には多くのメディアやファンが早くから注目。Wiiウェアで発売されたタイトルの続編として登場してきたFRNは、いち早く発売された海外において、メタスコア82、ユーザースコアも8.5と事前期待に応えるクオリティに仕上がっているようです。

ローカルでは4人まで、オンラインでは最大8人プレイに対応。10のマシン、16のコースでめまぐるしい高速レースが展開されます。ランキングもあるので、ベストタイムを競うことも可能。

国内ローンチの決定に伴い、公式サイトも公開。5つのゲームモードや収録マシン、ロケーション、マルチプレイ要素などが紹介されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で