ニンテンドーeショップのスケジュールが更新され、Wii Uバーチャルコンソールの新作としてGBA用ソフト『スクリューブレイカー 轟振どりるれろ』の国内配信が明らかになりました。配信開始は2016年12月16日。価格は702円(税込)。

『スクリューブレイカー 轟振どりるれろ』は、『ポケットモンスター』のゲームフリークが手がけた、2005年発売の2Dアクションゲーム。ドリルを使ったアクションの気持ちの良さや謎解きが特徴的なタイトルです。

今年4月にオーストラリアのレーティング機関ACBの審査を通過していましたが、めでたくWii U VC化が決定しました。

振動機能に対応

さて、『どりるれろ』といえば、タイトルに“轟振”とついているように、激しい振動も特徴。GBA版では特別な振動機能を内蔵したカートリッジで発売されました。今回のVC版も振動機能に対応しており、手元のコントローラーからドリルの手応えを感じる事ができます。

16日のVCはこの他、『改造町人シュビビンマン』『F-ZERO クライマックス』も配信予定。翌17日にはも『MOTHER3』予定されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で