ニンテンドーDSで発売された『タッチ!カービィ』と『あつめて!カービィ』のWii U用バーチャルコンソールが、任天堂ヨーロッパから発表されました。リリースは12月3日。価格は各9.99ユーロ/8.99ポンド。12月10日までは、どちらか一方を購入するともう一方が4.99ユーロ/4.49ポンドの優待価格に。

Wii Uのカービィタイトルは、今年1月に『タッチ!カービィ』の続編にあたる『タッチ!カービィ スーパーレインボー』が発売。

新作は今のところこの1本のみで、その他はWiiディスクソフトのダウンロード版かVCでの展開となっていますが、最近VCの先行発表・配信が目立つ欧州で、新たにカービィ2作品がVC配信決定。いずれもDS時代のソフトらしいタッチペン操作が特徴のスピンオフタイトル。

『あつめて!カービィ』は、最大10人のカービィをあやつる群体アクションゲーム。1人1人の力は弱くなっていますが、皆で力を合わせ、助け合いながら冒険を進めていきます。『タッチ!カービィ』はDS初登場のカービィタイトル。タッチペンで虹のラインを描き、球体となったカービィを転がしてゴールへ導きます。

DSでは『タッチ!カービィ』の後に本編新作『星のカービィ 参上!ドロッチェ団』が発売されていますが、Wii Uではどうでしょうか。たまに間隔が空きますが、『星のカービィ』シリーズのリリースペースはだいたい2年に1本くらい。3DSの『トリプルデラックス』から2年が経過する2016年は、新作のタイミングということにに有ります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で