昨年11月の発売以来、2015年9月末までに2100万体を越える販売規模となり、任天堂の業績に貢献し始めている『amiibo』。任天堂IPを活用した新たなカテゴリの商品として人気を博しています。この冬、任天堂が販売するのはWii Uやニンテンドー3DSのハード・ソフトだけではないぞということで、北米では3DSやWii Uだけでなく、amiiboのホリデーCMも制作されているようです。

NoAからは、ニンテンドー3DSやWii UのホリデーCMがすでに公開されていますが、「Toys-to-Life」カテゴリの製品であるamiiboのホリデーCMも登場。

このCMでは、多数のキャラクターラインナップを紹介するとともに、『スーパーマリオメーカー』『ヨッシーウールワールド』『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』を用いて、対応ソフトで読み込んだ時には様々な効果をもたらす、ゲームとつながるフィギュア(カード)であることをアピール。

『amiibo』の発売開始から1年。キャラクターの種類やシリーズも大幅に拡大しました。「Toys-to-Life」認知が遅れていた日本でも大人気に。年末商戦に向けて品薄キャラの追加出荷も行われています。十分な数量を用意できれば、間違いなく昨年以上のヒットとなりそうです。

amiibo
メーカー: 任天堂

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で